Apink(エーピンク)が日本コンサートを終えた。

ガールズグループApink(エーピンク)が、韓国に続き日本のコンサートでも成功をおさめ、9年目のガールズグループの貫禄を見せつけた。

Apink

Apink(出典:Twitter)

Apinkは2月2日・3日の2日間にわたり、東京・豊洲PITで単独コンサート「APINK JAPAN LIVE PINK COLLECTION」を開催した。

今回のコンサートは、韓国で開かれた「2019 PINK COLLECTION:RED&WHITE」と同名のタイトル公演として、期待を高めた。Apinkの多彩なセットリストと完成度の高いバンドライブ、高いパフォーマンス力を、日本で再現した。

(イメージ出典:Plan Aエンターテインメント)

今回の公演は、昨年7月にリリースした「1도 없어(I’m so sick)」で幕を開けた。この1曲で、会場は興奮のるつぼと化した。

ボミは「しばらくの間ファンミーティングだけで会っていたが、今回はライブをすることになった。多くのステージをお見せできなくて残念だったので、本当にうれしい」とファンにあいさつした。

Apinkは今回の公演で初めて「%%」のパフォーマンスを披露。また「FIVE」「NoNoNo」「LUV」「몰라요(I don’t Know)」などヒット曲を続々歌い、観客は韓国語でテチャン(一緒に歌う)して、熱い人気を実感させた。

一方Apinkは、日本で計3枚のフルアルバムと9枚のシングルをリリース。オリコンチャート上位圏にもチャートインするほか、ライブツアーやファンミーティングを通じて、K-POPを代表するガールズグループとして、日本でも着実にファンを増やしている。


Apink「%%」M/V
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]