2022年 今夏の人気はホワイトタンクトップ

父親のランニングシャツを思わせるような、純白のタンクトップが2022年F/Wコレクションのキーアイテムとして登場しています。

従来のくたびれたイメージから脱し、洗練された姿に戻ってきたホワイトタンクトップ。どう楽しめばいいのかを探ってみましょう。

da-wtank1

(写真提供:©女性東亜)

#基本中の基本、デニムパンツのスタイリング

ホワイトタンクトップはデニムと出会うことで魅力が倍増するアイテム。

重要なのは、体にぴったりのホワイトタンクトップを購入すること。

ここにゆったりとしたサイズのデニムパンツをマッチさせると、美しく洗練されたスタイルが完成します。

ボッテガヴェネタのルックからヒントを得てみてください。長いタンクトップをミニドレスのように演出し、デニムジャケットとスタイリングしたフィロソフィ ディ ロレンツォ セラフィニのルックも注目すべきです。

da-wtank2

(写真提供:©女性東亜)

#ドレッシーなディテールをプラス

今季、ホワイトタンクトップのスタイリングには現代的な優雅さを加味することが必須です。

レース・ラッフル・羽毛などロマンチックで官能的なディテールを加えると、ドレスに劣らないイブニングウェアが誕生します。

ベーシックなタンクトップと繊細なシースルースカートが調和したドレスコードを提案したプラダ、スパンコール装飾のフルスカートでイブニングルックを演出したクリスチャンコーワンを参考にしてみてください。

da-wtank3

(写真提供:©女性東亜)

#素材とシルエットの変奏

ホワイトタンクトップが退屈に感じられる時は、素材やシルエットをアレンジして楽しさを生かすことも可能です。

スパンコール素材で果敢なルックを披露したエコーズ・ラッタ、シースルータンクトップを重ね着したシモーネ・ロシャのスタイリングが良い例。

大胆なカッティングで型にハマらない“解体主義ファッション”を完成させたエレナ・ヴェレスも印象的です。

ウエストをそのまま著したクロップドトップデザインや、ボディラインを強調したコルセットシルエットも注目してみましょう。

da-wtank4

(写真提供:©女性東亜)

#スポーティーなムードを添えて

ホワイトタンクトップに幅の広いジョガーパンツやカーゴパンツ、フードジップアップを添えれば、タンクトップ特有のスポーティなムードがよく活かせます。

ここにシャープなサングラスと1990年代スタイルのミニショルダーバッグまで加えれば、楽で素敵なサマールックが完成。

テルファーのコレクションのように、ユニフォームの上にホワイトタンクトップをレイヤードする次元の高いスタイリングも試してみる価値がありますよ。

da-wtank5

(写真提供:©女性東亜)

#ミニマリズムの美学

1990年代のミニマリズムに対するノスタルジアを感じる今シーズン、節制されて実用的かつ無駄のないホワイトタンクトップの魅力を想起させたコレクションはベーザです。

ゆったりとしたレザーパンツとミックスマッチしたタンクトップが、さりげなくクールな魅力を漂わせます。

ロエベは体のシルエットを裁断したかのように造形的なデザインのタンクトップで、目を引きました。

日常でモダニズムを実現したいなら、ファビアナ・フィリッピのように色味をモノトーンに合わせるのが一番簡単で早い方法です。

da-wtank6

(写真提供:©女性東亜)

#カラーとプリントミックス

真っ白なタンクトップがぎこちなく感じられる時は、ディテールを加味して視線分散効果を狙ってみましょう。

最も簡単な方法は、カラーやプリントでポイントを与えることです。

クロエやコナー・アイブスのように、ベーシックなホワイトタンクトップにカラフルなボトムスを選んでみましょう。

スタイリッシュでスリムに見え、華やかな夏の夜のパーティールックとしても見劣りしませんよ。

(女性東亜 オ・ハンビョル記者 / 翻訳:松田かえ)

記事原文(ハングル)を見る

ⓒ女性東亜 提供(https://woman.donga.com/)
本記事は韓国メディア Donga.com Co., Ltd.が運営する女性東亜の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

    人気ニュース

    最新ニュース

    おすすめニュース