今じゃなきゃ着られない、サマーオフィスルック

暑くてじめじめした天気が続き、毎朝出勤服に悩んでいたら注目!ランウェイで発見した、感覚的で素敵なサマーオフィスルックを紹介します。

#短く、もっと短く!ミニスカートスーツ

da-summerl1

(写真提供:©女性東亜)

上下セットアップを揃えて着るほど退屈なものはない、という偏見は長い間破られませんでした。

しかし今シーズン、デザイナーたちはおしゃれに着るセットアップのコツを提案しています。

最も注目すべきポイントはパンツではなく、手のひらサイズのミニスカートと、クラシックなブレザーの代わりに、ウエストラインの上までぐんと上がったクロップドジャケットを一緒にマッチさせることです。

あなたも簡単に“バランスの天才”になれる組み合わせ、とでも言いましょうか。

小柄な身長でパンツスーツを負担に感じるOLさんたちに、実用度満点のルックです。

さらに、スティレットヒールやスリングバッグ、ミニトートバッグなど優雅で愛らしいアクセサリーを加えた個性的なスタイリングで、魅力を強調しましょう。

#セルフ発光ネオンカラー

da-summerl2

(写真提供:©女性東亜)

今シーズンのトレンドを把握しているなら、今夏にはネオンカラーに注目すべきだという事実もよくご存じでしょう。

元気で目立つカラーを会社で着るのが厳しい場合は、モノトーンと一緒に合わせることをおすすめします。

蛍光オレンジのスカートにグレーのトップスを加えてモダンに演出したプラダと、フリンジがふさふさついた真っ黄色のドレスにブラックパンツをレイヤードしたプロエンザスクーラーからヒントを得てみましょう。

スタイルに制約のない会社に通っていたり、普段大胆なファッションを楽しんでいるなら、ネオンカラーで埋め尽くしたルックにぜひ挑戦してみてください。

普通なら勇気がないと挑戦しにくいスタイルですが、夏はフルカラーを楽しんでもらいたい季節です!

#ショーツよりクールなバミューダパンツ

da-summerl3

(写真提供:©女性東亜)

バミューダパンツは、サマーオフィスルックに欠かせない常連客と言えるアイテムです。

膝の真上まで上がってくる5分丈にシルエットが多様で、古典的なブレザーアイテムとペアを組むのが定番ですが、今シーズンはもう少しカジュアルかつ大胆に再解釈されています。

ポーツ1961は1990年代、ニューヨークのヤッピー族を思い出させるようなパンツスーツを披露。そしてマイケルコースを皮切りに、ミュウミュウのランウェイでもホワイトシャツにベージュ色のパンツをマッチさせていました。

ラコステとルイ・ヴィトンはスリーブレスのトップスにオーバーサイズのバミューダパンツで、ドレッシーなムードに仕上げています。

あなたもバミューダパンツを活用し、実用的で楽な夏オフィスルックを演出してみてはいかがでしょうか?シンプルなのにファッショナブルなルックがさっと完成するでしょう。

#オフィスをリゾートのように、サマーニットルック

da-summerl4

(写真提供:©女性東亜)

早々とエメラルド色の波がうねるような美しい海に発つ準備を終えたのに、体は依然として会社に縛られているとしたら?オフィスルックもリゾートムードに変えてみましょう。

その中でもサマーニットは涼しくて余裕のある雰囲気を出すのに最適です。

ファビアナ・フィリッピやジョルジオ・アルマーニ、ベーザ、サルバトーレ・フェラガモなど多くのハウスブランドで、夏のニットをどのようにスタイリングすべきか手本を見せているので、参考にしてみてください。

特に粗く編んだニットトップは軽く、フィット感が柔らかいのが特徴です。

風通しが良いのはもちろん、オフィスルックの重要な美徳である優雅さと安らぎを備えているので、ぜひ試してみることをおすすめします。

#シャツワンピースの無限変奏

da-summerl5

(写真提供:©女性東亜)

シャツワンピースの大きな魅力はすっきりしてあっさり見えるけど、都会的な印象を残すということ。

ただし、ややもすれば平凡に見えたり、地味に見えるかもしれないというのが短所です。

シャツワンピースをユニークに演出するための最もベーシックな方法は、ボタンをすべてオープンしてアウターのように着ること。

ゆったりとしたシャツドレスにルーズフィットパンツを合わせ、余裕のあるファッショナブルなルックを披露したピータードゥとベーザに注目してほしいです。

人並はずれたファッションセンスの持ち主なら、エトロのルックがおすすめ。

丈の長いシャツワンピースをパンツスーツのインナーウェアとして活用し、ドレッシーに解放しています。

スタイリングに自信がなければ、ディテールが加味されたMSGMのドレスやシルエットが目立つルメールのワンピースも参考になるでしょう。

#最も完璧な夏の色、ホワイト

da-summerl6

(写真提供:©女性東亜)

ホワイトほど夏によく似合い、美しくカリスマ性であふれるカラーは他にあるでしょうか。

頭からつま先までオールホワイトカラーのスタイリングは、都市でもリゾート地のどこでもその存在感を放ちます。

今季、ランウェイでもホワイトカラーは多彩に変奏されており、中でもセクシーさと洗練された魅力をバランスよく表現したフェンディとマクシミリアン・デイヴィス、ミニマルなデザインに優雅なムードを加味したエルメスが目立っています。

素材とシルエットで女性らしさを加えたデザイナーも。柔らかいシルク素材のパンツを加えたジルサンダーと、パフスリーブでロマンチックな雰囲気を演出したプロエンザスクーラーが代表的な例です。

ホワイトはどのカラーよりも純粋、そしてインパクトがあり涼しげな色。まさに今夏、ホワイトを楽しむべき理由です。

(女性東亜 オ・ハンビョル記者 / 翻訳:松田かえ)

記事原文(ハングル)を見る

ⓒ女性東亜 提供(https://woman.donga.com/)
本記事は韓国メディア Donga.com Co., Ltd.が運営する女性東亜の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

    人気ニュース

    最新ニュース

    おすすめニュース