2022年 夏!肌にやさしいサマークッション6選

蒸し暑い夏の日、簡単にベースメイクを完成させたいなら、クッションファンデーションを使うのが正解。今シーズンのクッションはやさしいフォーミュラを基本とし、好みの肌の表現に合わせた選び方ができるように、スペクトラムがより広くなっているので注目です。

夏場は厚塗りメイクが負担になります。汗と油分により、ベースが固まりやすく崩れるのが理由です。

ポンポンと叩いて塗るだけで簡単にベースメイクを完成できるクッションは、夏場、特に手が伸びるアイテムに挙げられます。

da-cushion1

[RODARTE]
(写真提供:©女性東亜)

毎シーズン韓国では新しい成分と機能が追加された製品が発売されていますが、今シーズンの話題はまさに“やさしいクッション”。

世界中のビーガンビューティートレンドに影響され、多くのブランドからビーガンクッション発売のニュースを伝えてきました。

中でもアミューズのメタフィットヴィーガンクッションは、肌に完璧に密着し、サラッとなめらかに表現でき、サマークッションとして最適です。

製造過程からフォーミュラまでフランスのイブヴィーガン認証を受けており、エコ包装材を使用してサステナブルに対するブランドの真心も含んでいます。

パフも天然トウモロコシ成分を発酵させて作ったのが特徴です。

また、クリオのヴィーガンウェアヘルシーグロウクッションはヴィーガンフォーミュラを中心に、一部の製品容器はリサイクルプラスチックを使用し、パッケージは国際森林管理協会(FSC)認証を受けています。
​​
クリオのMC1チーム、イ・ジヨン代理は「ナチュラルな肌表現が夏のベーストレンドであるだけに、新製品のヴィーガンウェアヘルシーグロークッションは海水に反射した日差しのように澄んで自然な水色の輝きを表現するのはもちろん、さわやかな使用感で蒸し暑い夏の日に使いやすい」と話しています。

エスポアのMCチーム、ユ・ジイェ課長は「サマークッションの条件でありトレンドは、薄くて軽いカバー力」と説明し「エスポアのプロテーラビーベルベットカバークッションはヴィーガン認証を受けたやさしいフォーミュラが、薄いのに毛穴を完璧にカバー。サマークッションの中でも大きな反響を得ています」と伝えていました。

今年の夏はぜひ、ヴィーガンクッションで完璧なベースメイクを完成させてください。

好みに合わせて選んで身につけられる、新商品のヴィーガンクッションを紹介します。

da-cushion2

(写真提供:©女性東亜)

1.ダルバ グローフィットセラムカバークッション SPF50+ PA++++

イタリアのVラベルヴィーガン認証を受けたクッションで、10種類のヒアルロン酸成分が肌に水分を豊富に供給し、長い間ムラなく華やかに表現します。15g 4万8000ウォン。

2.アミューズ メタフィットヴィーガンクッション SPF45 PA+++

製造過程からフォーミュラまでフランスのイブヴィーガン認証を受けたクッション。EWGグリーン等級の獲得および20種類の有害成分を排除し、敏感な肌でも快適に使用できる上、なめらかでサラサラした肌へと導きます。15g 3万4000ウォン。

3.クリオ ヴィーガンウェアヘルシーグロウクッション SPF45 PA+++

海由来の海洋深層水とハムチョ成分を配合し、さわやかな使用感と自然な光沢を与えて健やかな肌を表現することができます。15g×2 4万5000ウォン。

4.ディアダリア スキンパラダイスシアーシルククッション SPF50+ PA+++

強力に紫外線を反射しカットする機能を兼ね備えたノンケミカル製品。セミマットな仕上がりで、夏場でもさらっとしたさわやかな肌を維持することができます。精製水の代わりに抗酸化成分であるダリア花エキスを配合し、乾燥せず肌が楽でいられるのが特徴。8g 3万2000ウォン。

5.エスポア プロテーラビーベルベットカバークッション SPF34 PA+++

肌に軽く密着するセミマットクッションで、フランスのイブヴィーガン認証を受けました。ベルベットのように柔らかなテクスチャーが、肌のキメとシミを効果的にカバーします。13g×2 3万8000ウォン。

6.fmgt「fmgt x フルータ」スキンフィルターヴィーガントーンアップクッション

フルータとコラボし、キッチュなパッケージを披露したヴィーガントーンアップクッション。フィルターをかけたように肌をより美しく表現します。13g 2万4000ウォン。

(女性東亜 チョン・ジェヒ記者 / 翻訳:松田かえ)

記事原文(ハングル)を見る

ⓒ女性東亜 提供(https://woman.donga.com/)
本記事は韓国メディア Donga.com Co., Ltd.が運営する女性東亜の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

    人気ニュース

    最新ニュース

    おすすめニュース