TWICE ナヨンも!韓国では今 ‘カモメ眉’が大ブーム

レトロブームと共に、1990年代のメイクの核心であるスキニーアイブロウが最新トレンドに急浮上している。

レトロブームと共に、1990年代のメイクの核心であるスキニーアイブロウが最新トレンドに急浮上している。

(写真提供:©女性東亜)

今から20年ほど前、2000年前後に流行したY2Kファッションが世界的なブームになっている。

Y2Kとは『Year 2000』の略(“K”とはkgやkmなど1000を意味する)だ。

1990~2000年頃のファッションやメイクが若者の間で人気を集め、当時人気があった薄くて角度のある眉、別名『カモメ眉(アーチ・ブロウ)』の流行が戻ってきた。

これによって”ストレート眉=童顔”という公式から解放された。かなり長い間、ストレート眉が善良なイメージと童顔を完成させるポイントとされ、自然な太い眉にこだわる人が多く、コレクションでもしっかりしたアイブロウが着実に主流になった。

だが最近のレトロブームによって、薄い眉が今トレンドの最前線に立っている。

(写真提供:©女性東亜)

今年、カンヌ映画祭のレッドカーペットで眉骨を強調した鋭い眉を披露したベラ・ハディッド(Bella Hadid)を筆頭に、モデルのヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)、RIRI YOUNG、そしてナヨン(TWICE)、ヒョナなどアイドルの間でもスキニーブロウが続々と目撃されている。

特にTWICEのナヨンはデビュー当初と今の眉の形が随分変わって話題を集めている。

デビュー当初は太めのストレート眉を披露していたのに、徐々に眉が細くなり、さらに爽やかで女性らしいイメージを強調している。

(写真提供:©女性東亜)

『Benefit(ベネフィット)』メイクアップチーム、ナショナルアイブロウアーティストのイ・ソンミンチーム長は「細いアーチ型のスキニーアイブロウはセクシーなイメージを演出し、緩やかなアーチ型のスキニーアイブロウはよりエレガントで女性らしいムードを完成できる」と説明する。

では、スキニーアイブロウをすっきりと表現するコツは何だろうか。『MAKE UP FOR EVER(メイクアップフォーエバー)のソン・スギョンフィールドコーチは「太いアイブロウペンシルよりは薄いチップのマイクロアイブロウペンシルが適している」とアドバイスする。

繊細なアイブロウで、小鼻の内側から瞳を通って出会う所に眉山を作り、目尻の方は眉毛より高い位置に書くのがポイント。眉山と瞳の位置を決めた後は、眉毛の空いたところを繊細に塗り、アイブロウピクサーを使って眉の毛流れに沿って1本1本コーティングするように塗るときれいなスキニーアイブロウが完成する。

(写真提供:©女性東亜)

『ANASTASIA』BEVERLY HILLS by SEPHORA BROW FREEZE(Brow Freeze Styling Wax) 8g 34000W(約3250円)

あらゆる肌の色と色使いのための透明なワックスフォーミュラ。眉毛1本1本を活かして、きれいに固定できる。

パラペン、アルコール、オイルを含まないのでより魅力的だ。

(写真提供:©女性東亜)

『BENEFIT』POWMADE BROW POMADE No.2.5 5g 31000W(約3000円)

36時間色持ちするアイブロウ製品。ウォータープルーフ、スマッジプルーフ機能を備えている。

柔らかくマットに仕上げられるのがメリット。

(写真提供:©女性東亜)

『MAKE UP FOR EVER』AQUA RESIST BROW FIXER No.20 3.5ml 34000W(約3250円)

45度の角度で設計されたチップを装着し、より使いやすく、マイクロブラシのおかげで繊細に眉をタッチできる。

(写真提供:©女性東亜)

『LAURAMERCIER』BROW PENCIL #ASH BLONDE 1.17g 32000W台(約3060円)

柔らかなフォーミュラ(成分)で、自然な眉が描ける。

アイブローブラシ、ペンシルシャープナーが内蔵されており、さらに使いやすい。

(写真提供:©女性東亜)

『DIOR』DIOR BEAUTY DIOR SHOW KABUKI BROW STYLER 032 0.29g 40000W台(約3800円)

三角形の芯とカブキブラシで12時間の発色が持続し、鮮やかで豊かな眉を表現できる。

(写真提供:©女性東亜)

『TONYMOLY』THE SHOCKING BROW EASY FLAT 0.5g 7500W(約720円)

フランスのEVE VEGAN(動物性不使用認定)の審査を経たアイブロウ。

柔らかすぎず硬すぎないテクスチャーなので、自然に眉の濃さを調整できる。

記事元文(ハングル)を見る

ⓒ女性東亜 提供(https://woman.donga.com/)
本記事は韓国メディア Donga.com Co., Ltd.が運営する女性東亜の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。