1カ月前にDanmeeで取り上げた、俳優コン・ユの所属事務所マネージメントSOOPが行っているリレーインタビュー。コン・ユが次にバトンタッチした女優チョン・ドヨンへの質問と気になる答えとは‥

俳優コン・ユの所属事務所マネージメントSOOPは、最近、公式Youtubeチャンネルを通じて「SOOPの俳優がSOOPの俳優に質問」というタイトルのリレーインタビューを掲載し、ファンに面白味を提供している。

8月11日には、コン・ユが女優ナム・ジヒョンから「今まで釣った魚の中で、一番大きな魚は何ですか?」という質問を受けて、「釣り界で”大物”と呼ばれる94cmのヒラマサが今まで釣った魚の中で一番大きな魚です」と、趣味の釣り話を嬉しそうに答えた。

俳優 コンユ

俳優 コン・ユ(画像出典:マネージメントSOOP Instagram)

(関連記事)コン・ユ、リレートークで思う存分自慢話!バトンタッチは’あの先輩’と

そして、コン・ユが次の俳優にバトンタッチをするため、くじを引こうとすると「後輩が出てほしいな。私の事務所には先輩が1人いますが、先輩には質問できないから。どうかお願いします!」と手を合わせて願ったものの、彼が引いたくじは、恐れていた(?)唯一の先輩である女優チョン・ドヨンだった。

見事”当たりくじ”を引いたコン・ユは、しばらく考えた末に、チョン・ドヨンに向けて「どのような運動がお好きですか。どのように運動していますか」という質問を投げ掛けた。

コン・ユからの質問を受けたチョン・ドヨンは、笑いながら「コン・ユさんは、私の若さの秘訣が気になるようですね」とし「私は昔からピラティスをやっているので、今後もピラティスを通じて自己管理をしていきたいと思っています」と答えた。

コンユから質問を受けるチョンドヨン

コン・ユから質問を受けるチョン・ドヨン(画像出典:マネージメントSOOP Youtube)

チョン・ドヨンは、ドラマ『プラハの恋人』(2005)『オンエアー』(2008)、映画『スキャンダル』(2003)『ユア・マイ・サンシャイン』(2005)など、ドラマとスクリーンを行き来し、数々の映画賞を受賞している演技派として知られているベテラン女優だ。

特に、映画『男と女』(2015)ではコン・ユと男女の主人公で共演。同作は、フィンランドの雪原を背景に、孤独に生きてきた男女が、お互いによって”男”と”女”に戻り、愛に溺れる姿が生々しく描かれているメロー作品だ。劇中、本格的な濃厚ラブシーンに挑戦したコン・ユは、官能的な肉体美を披露して映画ファンの視線をくぎ付けにした。

コンユとチョンドヨンの共演作『男と女』

コン・ユとチョン・ドヨンの共演作『男と女』(画像出典:『男と女』公式HP)

コン・ユは、『男と女』の制作発表会当時「チョン・ドヨン先輩と必ず共演したいと思っていました。それがメロー作品なら良いなと思っていました。この作品を選択しない理由を見つけることは出来ませんでした」とチョン・ドヨンへの信頼感を表したことがある。

2人にはこのような過去があったため、今回リレーインタビューでチョン・ドヨンを当てたコン・ユに対して、一部のネットユーザーから「事務所で唯一の先輩は、コン・ユさんが当てるべき人だったようですね」「コン・ユさん以外、先輩に質問はできませんよ」「短い映像ですが、チョン・ドヨンさんとコン・ユさんの親しさが伝わってきますね」など様々な反応が寄せられている。


「SOOPの俳優がSOOPの俳優に質問」チョン・ドヨン編(動画出典:매니지먼트 숲 YouTube)



コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(75)