日韓で好評を博している韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』。本作で、クムガプラザ内にある寺院の住職を演じている俳優のリ・ウジンが、主演俳優であるソン・ジュンギと共演した感想を述べた。

放送開始から高視聴率をマークし、韓国国内だけでなく日本でも高い人気を博しているtvN(Netflix)『ヴィンチェンツォ』。

ドラマの見どころであり魅力でもあるのが、クムガプラザの住人たちだ。なかでもひときわ異彩を放っているのが、プラザ内にある寺院の僧侶だろう。
その内の1人、ドラマ序盤ではひたすら修行をしていた住職”チョクハ”役を演じた俳優のリ・ウジンが、主演俳優であるソン・ジュンギと共演した感想を述べ、ドラマファンから注目を集めている。

tvN(Netflix)『ヴィンチェンツォ』で僧侶役を演じた俳優のリ・ウジン

俳優のリ・ウジンはtvN(Netflix)『ヴィンチェンツォ』で僧侶役を演じた(画像出典:tvN)

リ・ウジンは最近、韓国メディアのデジタルマガジン『movieweek』のインタビューに応じ、『ヴィンチェンツォ』の撮影現場でのエピソードや20年以上も俳優として生きてきた人生のストーリーについて語った。

リ・ウジンは劇中、”暖薬寺(ナニャクサ)”の住職であるチョクハ僧侶役を引き受け、クムガプラザの人々が大変な目に遭う度に温かいアドバイスを届け、住民にとって精神的に心強い支えとなっている。特に、ソン・ジュンギ扮する主人公のヴィンチェンツォ・カサノに助言をするシーンは多くの好評を得た。

そんな人格者を演じたリ・ウジンは「ドラマの人気を実感しているか」という質問に対し、「マスクをしているので実感はないが、レストランなどでは気付いてくれる」と優しく笑いながら答えた。

続いて「舞台『帰ってくる』という作品を2015年に始めて以来、僧侶役を6年間ほど務めている。坊主頭の状態で6年過ごし、法名だけで5つほど得た」とし「『ヴィンチェンツォ』のキャスティングディレクターの方が、この演劇を見て私をキャスティングしてくれたようだ」とキャスティング秘話も明かしていた。

トップスターのソン・ジュンギは「スター意識のない人柄に魅了された」と称賛を浴びている

「スター意識のない人柄に魅了された」と称賛を浴びる、トップスターのソン・ジュンギ(画像出典:tvN)

また、主演俳優であるソン・ジュンギについて、リ・ウジンは「彼は地球人ではないようだ」とし「今回の作品で初めて共演したが、外見も素敵な上、スター意識のようなものは全くない人柄に惚れた。先輩に礼儀正しく、後輩に優しい」と、全ての面において完璧であると称賛している。

ドラマの人気が高まるとともに、注目を集めたリ・ウジン。
名門大学出身で大手企業での勤務歴があり、非正規職労働手記公募展で優秀賞を受賞するほどの優れた筆力を持つ。さらに、意外なことに(?)彼は仏教徒ではなくクリスチャンだといい、僧侶役を演じるにあたり実際に本物の僧侶に指導をしてもらったという。

このようなエピソードを含め、数々の”驚きの事実”が明らかになったリ・ウジン。インターネット上では彼の人生ストーリーが大きな話題になっているそうだ。

まるでドラマに登場するキャラクターのような”濃い”キャリアを持つ、リ・ウジン。今後、彼が『ヴィンチェンツォ』にて自身の人生ストーリーのように驚きの活躍を見せるのかと、視聴者からは期待が集まっている。



ソン・ジュンギ

HISTORY D&C所属の俳優ソン・ジュンギ(ハングル 송중기)。1985年9月19日生まれ。

2008年ドラマ『霜花店 運命、その愛』でデビュー。

2010年に出演したドラマ『トキメキ 成均館スキャンダル』で一躍名を広め大ブレイクしたソン・ジュンギは以降、映画『私のオオカミ少年』、ドラマ『太陽の末裔』などに出演し人気を博した。

ソン・ジュンギ プロフィール&記事(85)

人気ニュース

ソン・ジュンギ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース