ソ・イングクに付いた最初の肩書は、”歌手”だった。そして”俳優”という肩書きが加わったのは、デビューから3年を経た2012年のこと。今や韓国俳優界になくてはならない存在へと変貌を遂げ、”アーティスト ソ・イングク”となった彼のドラマフィルモグラフィーを探ってみたい。

ソ・イングクは、スポーツ選手、SP(セキュリティー・ポリス)、国王、世間知らずのお坊ちゃま、地球外生命体‥どんな役も自分のものにして、リアルな人物を作り上げてしまう才能がある。

巫女界の異端児ナム・ハンジュン役のソ・イングク。

“巫女界の異端児”ナム・ハンジュンを演じるソ・イングク。今度はどんな面貌を見せてくれる?(画像出典:KBS 公式Facebook)

そんな彼は現在、オ・ヨンソと主演を務めるKBS2ドラマ『美男堂-事件手帳』の放送を控えている。

続きを読む

Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs