韓国のサラリーマンの間でブームが巻き起こるほど、熱狂的な人気を集めたドラマ『ミセン -未生-』。この原作者であるウェブトゥーン作家が、主人公を描く際に思い浮かべていた俳優がいるという。最近、その俳優が多くの活躍を見せたことで、この話題に再び注目が集まっているそうだ。

tvN(Netflix)『ヴィンチェンツォ』でドラマ界に華麗なる復帰を遂げた、俳優のソン・ジュンギ。
視聴者を魅了する演技力はもちろん、出演作品を見極める目まで持つと称され、まさに”信じて見る俳優”と呼ばれる存在だ。

ソン・ジュンギは"信じて見る俳優"と称賛を受けている

“信じて見る俳優”と称賛を受ける、ソン・ジュンギ(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:HISTORY D&C)

俳優として称賛を浴びるソン・ジュンギであるが、ファンの間では「ソン・ジュンギが逃して、残念な思いをした作品」というものが1つあるようだ。

それが、2014年に放送されたドラマ『ミセン -未生-』だ。
この作品は、ユン・テホ作家の人気ウェブトゥーン『未生』を原作としたドラマで、プロの囲碁棋士を目指していた青年が、父の死をきっかけに未経験ながらサラリーマンに転向し、非常な現実の中で奮闘する姿を描いたヒューマンドラマ。

サラリーマンの間で"ミセン"ブームを巻き起こしたドラマ『ミセン -未生-』

ドラマ『ミセン -未生-』は、サラリーマンの間で”ミセン”ブームを巻き起こした(画像出典:tvN)

放送された2014年、この作品は韓国の最も代表的なドラマの1つとして認識され、サラリーマンの間で”ミセン”ブームを巻き起こした。会社員の哀歓と現代人の生活を如実に表している作品と評価されている。

では、なぜソン・ジュンギのファンが残念がるのかと言うと、このドラマの原作者であるユン・テホ作家は、本作の主人公を描く際にソン・ジュンギをイメージしながら制作したと明かしたことがある。
この為、国民の心を鷲掴みし大ヒットを記録したドラマであるが、ソン・ジュンギが主演を務めていたらどのような作品になっていたのか、という気持ちがあったからのようだ。

ユン・テホ作家がソン・ジュンギをイメージしながら主人公を描いた理由。
それは、ソン・ジュンギがあるドキュメンタリー番組でナレーションをしたことや、ドラマ作品で魅せた”声”の演技だったそうだ。声のトーンや抑揚だけで、聞いた人の目の前に壮大なイメージを広げられるソン・ジュンギの演技に感動してとのことだ。

主人公チャン・グレ役を演じたイム・シワン(左)は劇中、熱演を披露し多くの称賛を浴びた

イム・シワン(左)は主人公チャン・グレ役を熱演し、多くの称賛を浴びた(画像出典:tvN)

このような話題がある中、ドラマ『ミセン -未生-』で主演を務めたのは、ZE:Aのメンバー、イム・シワンだ。
彼は主人公チャン・グレ役を繊細に表現し、親しみのあるキャラクターを誕生させ、視聴者から多くの称賛を浴びた。演技ドルとして名を広めた彼は、その実力を惜しげもなくドラマにぶつけ、作品を大成功に導いている。

アイドルとして活躍を見せていたイム・シワンも、美声を持つ俳優の1人。
『ミセン -未生-』は、劇中、ナレーションが多い作品であるが、それを持ち前の美声と演技力で披露し、視聴者の琴線に触れるセリフを幾度となく届けた。その結果、”イム・シワンなくしてドラマの成功は無かった”との称賛を得るほど、ハマり役であった。

ソン・ジュンギ、イム・シワン、ともに韓国を代表する豊かな表現力を持つ俳優だ。どちらが演じていてもこの上ない名作になったことは間違いないだろう。



人気ニュース

ソン・ジュンギ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース