韓国tvN(Netflix)にて放送中のドラマ『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』が人気を集めている。主演俳優ソン・ガンの美しいバレエ姿とともに、人生指南とも取れるハートフルなストーリー展開が理由のようだ。

日本ではNetflix(ネットフリックス)にて配信中の韓国ドラマ、tvN『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』。

“ニュー顔の天才”と呼ばれる期待の若手俳優、ソン・ガンが主演を務め、同名ウェブコミックを原作に、バレエに夢を見出した70歳の老人と才能あふれる23歳の青年の成長を描いた作品だ。

ソン・ガンの美しすぎるバレエ姿はもちろんのこと、彼の苦悩や葛藤、そしてパク・インファン扮する70歳のおじいちゃんが夢に向かって再び突き進む姿は、視聴者に感動を届けている。
ストーリー展開に派手さはなく静かに進行するものの、見終えた後に深い余韻を味わえるハートフルドラマとして話題を集めている。

『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』はソン・ガンとパク・インファンが主演を務める

若手俳優のソン・ガンとベテラン俳優パク・インファンが主演を務めるtvN『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』(画像出典:tvN)

このドラマの背景には「死ぬ前に一度はやっておきたいこと」という、誰もが持つ胸に秘めた想いが隠されている。

数年前から日本でも周知されてきている”ウィッシュリスト”。
自分の願いを箇条書きにしていくもので、それにより本当にやりたいことや理想の姿が見つかるというもの。
若い世代は理想の姿に近づくために、人生の折り返しを迎えた世代は、残りの時間を有意義に過ごしたいという思いから、幅広い層がチャレンジしている。

『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』もまさにそうで、その気持ちを入り口にドラマは進行している。

バレエ姿も注目を浴びるソン・ガン

ソン・ガンが披露するバレエ姿にも注目を!(画像出典:tvN)

ソン・ガンが演じる23歳の青年イ・チェロクは、舞踊院休学中だ。
その昔、ドン・キホーテを踊っていたキ・スンジュを見て一目でバレエに魅了され、19歳でバレエを始めた。わずか1年で舞踊院に入学するほどの才能を持っていた彼だが、現在はスランプ中だ。

そんなチェロクの前に、70歳の老人シム・ドクチュル(パク・インファン)が現れる。彼はチュロクのバレエを見て「上手い」、「かっこいい」、「輝いている」と誉め言葉を並べた。それはトクチュルの本心であり、トクチュルの秘めていた夢を思い起こさせていた。

パク・インファンは味のある演技で視聴者を魅了

味のある演技で視聴者を魅了する、パク・インファン(画像出典:tvN)

トクチュルにとってチェロクは輝いて見え、じっと眺めているだけで胸がはずむ存在だった。
その姿はトクチュルの古い夢を蘇らせ、息を吹き込んだ。そして彼は、70歳にして「最後にやってみよう」とバレエへの扉を開ける。

トクチュルの”ウイッシュリスト”、言い換えれば”死ぬ前にやっておきたいこと”の最上位にあった”古い夢”が息吹く瞬間だ。家族から見れば無謀であれど、チュロクの姿に背中を押された彼はチャレンジを決意した。

夢に向かって進むことに遅すぎるということはない。人はいくつになれど、やりたいことや夢を持っているものだ。そんな気落ちを後押ししてくれるような作品、それが『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』。

これ以外にも、ソン・ガンのバレエシーンやキャラクターそれぞれが持つ葛藤、そしてそれを解決していく姿が描かれ、儚さと美しさが共存するストーリー展開に、ついには涙まで誘われてしまう。

チャレンジすることにためらいを感じている方がいたとしたら、ぜひ見ていただきたい作品である。




人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース