Netflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』で、”101番”参加者チャン・ドクスを演じる俳優ホ・ソンテ。極悪非道なチンピラを演じている彼だが、妻から禁じられていることがあるという。その内容とは‥?

世界的な人気を博しているNetflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『イカゲーム』で、組織の金を無くして追われる身となった”101番”参加者チャン・ドクス役を演じているホ・ソンテ。

日頃から暴力をふるう強烈なキャラクターで、思わず目をそむけたくなるような残忍な姿が印象的だ。

ホ・ソンテは『イカゲーム』でチャン・ドクス役を演じる

『イカゲーム』で”101番”参加者のチャン・ドクス役を演じる俳優のホ・ソンテ(画像出典:YouTube Netflix Koreaキャプチャー)

そんなホ・ソンテが、2016年SBSラブFM『ソン・ウニ、キム・スクのお姉さんちのラジオ』に出演した時に明かした、妻とのある”約束”が話題となっている。

ホ・ソンテは、「作品のためなら、裸での演技も辞さない?」という質問に対し、「作品の為なら裸での演技もいとわない。裸の拷問シーンだってやるけど、ベッドシーンだけは絶対ダメなんです」と話した。

すぐさまソン・ウニが「たくさんお金を積んでもダメ?」、キム・スクが「10億でも?」と反応したが、彼は「絶対にダメ。ゆっくり稼ぎます」と首を縦に振らなかった。

彼は妻から、「ベッドシーンは”ダメ”」と言われているそう。

ホ・ソンテは、俳優としては遅咲きの35歳デビュー。ドラマなどでは悪役を演じることが多く、暴力的で怖いイメージを持たれがちだが、実はデビュー前、韓国の大手家電メーカーであるLGエレクトロニクスの海外営業部や、大宇(テウ)造船海洋で働く真面目なエリートサラリーマンだった。

(関連記事)『イカゲーム』極悪非道なヤクザ役 韓国俳優は元大手韓国企業の敏腕営業マン

そんな彼が今回、『イカゲーム』で、妻との約束を破ってしまった。

本作で、数々の熾烈なゲームの中、参加者たちは時には協力し時には裏切りながら、命がけでクリアしていく。そんな中ドクスは、”212番”参加者ミニョとトイレで性関係を持つ。ミニョは、ズルは当たり前、強そうな者に付いて自分の身を守ってもらおうとするキャラクター。そんな彼女に誘惑されたのだ。

ネットユーザーたちは、「奥さんは大丈夫?」「家に入れてもらえてる?」「10億以上もらったのかな(笑)」といった反応を見せている。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース