• Danmee(ダンミ)では、来年の干支”卯年(うさぎ年)”の韓国俳優&K-POP男性アイドルにちなんだ調査を実施中。
  • 今回は、来年「年男」の俳優チ・チャンウクに注目!
  • ちょうど12年前の”卯年”に放送された彼の出世作は、視聴率40%を超える大人気となった。

Danmee(ダンミ)では、来年の干支”卯年(うさぎ年)”の韓国俳優&K-POP男性アイドルについてアンケートを実施中!

それにちなみ今回は、2023年に36歳(日本年齢)を迎える、1987年生まれの「年男」の一人、俳優チ・チャンウクにスポットを当てる。

俳優チ・チャンウク。2023年は年男

俳優チ・チャンウク。2023年は年男 (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

彼が12年前、“24歳の年男”として奮闘した2011年の活躍をご紹介する。

【アンケート】2023年は卯年!更なる飛躍を願う「年男」の韓国男性芸能人は?(87年生)

[expander_maker id=”1″]

チ・チャンウクは、1987年7月5日生まれ。彼が本格的に俳優デビューしたのは、2008年の独立映画『スリーピングビューティー』。

2009年には、KBS2『ソル薬局の息子たち』に男4人兄弟の末っ子役として出演、2010年にはミュージカル『スリル・ミー』に出演し、“若手有望株”として注目を集めた。

KBS2『ソル薬局の息子たち』に出演したチ・チャンウク(右)

KBS2『ソル薬局の息子たち』に出演したチ・チャンウク(右) (画像出典:KBS)

そして、KBS1『笑ってトンへ』の主演に抜擢された彼は、一躍名前を知られる俳優へと成長する。

まさにそれが2011年、彼が“24歳の年男”の年。

KBS1『笑ってトンへ』では主演のトンヘ役に抜擢された

KBS1『笑ってトンへ』では主演のトンヘ役に抜擢された (画像出典:namuwiki)

『笑ってトンへ』は、2010年10月~2011年5月までの約7カ月間という長期に渡って放送。

特徴的なのは、“イルイル(日々)ドラマ”と呼ばれる、韓国で平日の同じ時間帯に毎日放送しているドラマであること。本ドラマは、 月曜~金曜日の午後8時25分からの放送だった。

平日毎日ということで、日本の“昼ドラ”を連想させるが、『笑ってトンへ』の話数はなんと全159話。視聴率が高いという理由で、もともと150話だったのをさらに延長したというから驚きだ。

ストーリーは「シングルマザーから生まれた青年トンへが、新たな愛と家族を築いていく孤軍奮闘記」として、“ハートフル・ラブストーリー”と紹介されることも多いようだが、実はドロ沼の展開も多い。

日本の“昼ドラ”や当時の韓国ドラマの定番とも言える、出生の秘密や身分の違い、嫁姑問題などが盛り込まれ、ホテルの御曹司や悪女など、一波乱起こしそうな強いキャラクターも登場する。

そんな見応えたっぷりのドラマは好評を博し、韓国で視聴率40%を突破(2011年3月)、瞬間最高視聴率51.4%という驚異の数字を記録。1990年代以降の韓国テレビドラマ視聴率TOP100にもランクインしている。

自身の運命に翻弄される主人公トンヘを演じたチ・チャンウクは、この作品でブレイク。

『笑ってトンへ』の終了後には、初の時代劇となったSBS『ペク・ドンス』、チャンネルA『僕らのイケメン青果店(邦題)』と3作続けて主演を務めている。

彼にとって2011年は、まさに飛躍の年。韓国中が注目する俳優へとステップアップした。

MBC『奇皇后 ~ふたつの愛 涙の誓い~』では演技力が高く評価された

MBC『奇皇后 ~ふたつの愛 涙の誓い~』では演技力が高く評価された (画像出典:MBC)

あれから12年。チ・チャンウクの主演ドラマは、毎年必ず放送されている。

『2013 MBC演技大賞』で“特別企画部門男性優秀演技賞”を受賞した、MBCドラマ『奇皇后 ~ふたつの愛 涙の誓い~(2013)』や、日本でも人気の高いKBS2『ヒーラー〜最高の恋人〜(2014)』、tvN『THE K2~キミだけを守りたい~(2016)』、SBS『怪しいパートナー(2017)』、カカオTV『都会の男女の恋愛法(2020)』、Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『アンナラスマナラ -魔法の旋律-(邦題/2022)』など、彼の主演作はどれも人気作ばかり。

今では本国のみならず、アジア全域から人気を集めており、韓国ドラマ界には欠かせない俳優の一人だ。

チ・チャンウクと言えば、目がキラキラとしいて爽やかな笑顔が魅力的だが、これまで演じた役柄は、ワイルドでダークなキャラクターから、嫉妬に燃える悪役、ちょっぴりドジでお茶目な役までと幅広い。

出世作となったトンヘ役も、現在の彼のイメージとはまた違った魅力があるため、まだ見ていない方は、年末年始を使って、彼の過去の作品を振り返るのはいかがだろうか。

ジャカルタで開催されたファンミーティングの様子 (画像出典:チ・チャンウク 公式Instagram)

今や“アジアのスター”でもある彼は、最近インドネシアのジャカルタで、ファンミーティングを開催したばかり。

ファンミーティングはアジアを中心に行われており、12月と来年2月には、日本のファンとの対面も予定されている。

2023年、「年男」となるチ・チャンウクの更なる飛躍に注目だ!

【アンケート】2023年は卯年!更なる飛躍を願う「年男」の韓国男性芸能人は?(87年生)

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(501件)





[/expander_maker]

2023年 飛躍の年に!チ・チャンウクへの
応援メッセージをコメントしてください。

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs