今年9月に愛犬を亡くし、悲しみを経験したTWICE(トゥワイス)のツウィ。ペットを天国に送った後にも臨時で捨て犬を保護していることを明かし、ツウィの人柄に称賛の声が寄せられている。

TWICE(トゥワイス)のメンバーツウィが温かな近況を伝えた。

11月3日、ツウィはTWICEのファンクラブ”ONCE(ワンス)”の5周年記念をお祝いするためにV LIVE放送を進めた。ファンとのコミュニケーションを楽しんでいたツウィは「秘密を1つ教えましょうか?」と口を開いた。

TWICE ツウィ

TWICE ツウィ(画像出典:TWICE Instagram)

ツウィは、「ONCEに教えたかったのですが、この前捨て犬の保護所に行ってきて、子犬2匹を連れてきました。まだ臨時で保護しているところですが、養子にする時は再度保護所に行かなければなりません」とコメント。

続けて「でも、今私の隣にいます」と微笑みながら、子犬たちに直接”カヤ”と”バター”という名前をつけたと紹介し、幸せな表情で子犬たちと目を合わせながら「バターは怖がりで、常に壁にくっついています。カヤは活発ですが、今はちょっと疲れているみたいです」と子犬たちがどのような性格なのか説明した。

捨て犬を保護したツウィ

捨て犬を保護したツウィ(画像出典:TWICE VLIVE)

これに先立ち、ツウィは今年9月にTWICEの公式インスタグラムを通じて10年以上を共にした愛犬”グッチ”との別れを報告した。 家族の一員であるペットを天国に送った後にも、捨て犬の保護に率先するツウィの行動にネットユーザーたちが声援を送っている。

(関連記事)TWICE 日本7thシングル ’BETTER’のコンセプトが、ツウィの’今’に特別な理由

韓国のオンラインコミュニティー”NATE PANN”では「ツウィの人柄を見て」というタイトルで、捨て犬を保護したツウィのエピソードが掲載されており、「ツウィは休暇になれば奉仕活動に行く子だ。ジョンヨン、モモ、ツウィは捨て犬の保護所に奉仕活動に行って掃除をして寄付をする子たちだ」「ペットが亡くなり、悲しかっただろうに。ツウィは愛で悲しみを乗り越えているんだね」「天使だね。容姿もキレイだけど心がもっとキレイだ」など、ツウィを称賛する声が溢れている。

遺棄動物奉仕活動に参加したジョンヨンとツウィ

遺棄動物奉仕活動に参加したジョンヨンとツウィ(画像出典:NEWS1)

今年5月には、ツウィとジョンヨンが京畿道(キョンギド)抱川市(ポチョンシ)で開かれたブルーエンジェル奉仕団の遺棄動物奉仕活動に参加。ブルーエンジェル奉仕団は、困難な状況にある遺棄動物保護所の助けになろうという考えのもと、獣医師、訓練士、芸能人などが集まって年に3~4回ほど行われるボランティア活動だ。

また、2017年にはジョンヨンの姉で女優のコン・スンヨンがインスタグラムを通じて「カムバック前に必ずやりたいと行って来た保護所。ツウィ、次は必ず一緒に行こう」という文と共に、帽子とマスクを着用しながら犬小屋の掃除をするジョンヨンとモモの写真を投稿し、TWICEメンバーたちの温かさを伝えたことがある。



TWICE (トゥワイス)

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE (トゥワイス) プロフィール&記事(359)