Kep1er(ケプラー)の現場スタッフが、新型コロナウイルスの陽性判定を受けデビュー日が延期される中、所属事務所は『2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS』への出演も見送ることを発表。「”感染の可能性”などを完全に断ち切るため」と説明した。

Mnetのオーディション番組『Girls Planet 999:少女祭典』から誕生したKep1er(ケプラー)のデビュー日が2022年1月3日に延期された。

デビューが2022年1月3日と変更になったKep1er

Kep1erのデビューは、2022年1月3日と変更になった。(画像出典:Kep1er 公式Twitter)

彼女たちの所属事務所であるWAKE ONE(ウェイクワン)エンターテインメント、Swing(スウィング)エンターテイメントは、12月8日午後「12月14日発売予定だったKep1erのミニアルバム『FIRST IMPACT』の発売日を、2022年1月3日午後6時に延期します」と伝えた。

同月4日、現場スタッフの1人が新型コロナウイルス(以下、コロナ19)の陽性判定を受け、メンバーもすぐさまコロナ19のPCR検査を実施。全員陰性であるとともに、関連スタッフも直ちにPCR検査を行い、現在まで追加感染者はいないと報告している。

しかしながら「アーティストとスタッフの安全を最優先に考え、万が一の感染や伝播の可能性を完全に断ち切るため、『2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS』への出演を見合わせ、アルバム発売日程を調整する方向で、最終決定しました」と明かした。

最後に「Kep1erのデビューを心待ちにしているファンの皆様と、関係者の皆様に重ねてお詫び申し上げます。当社は、アーティストとスタッフが安全な環境で活動できるよう最善を尽くして参ります」と謝罪している。

Mnetの『Girls Planet 999:少女祭典』を通じて結成されたKep1erは、チェ・ユジン、シャオティン、坂本舞白、キム・チェヒョン、キム・ダヨン、江崎ひかる、ヒュニンバヒエ、ソ・ヨンウン、カン・イェソの9人組多国籍ガールズグループ。

2022年1月3日午後6時に、デビューミニアルバム『FIRST IMPACT』を発売する予定だ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース