Mnetオーディション番組『PRODUCE 48』で、最終順位12位を記録し、プロジェクトグループIZ*ONE(アイズワン)としてデビューしたイ・チェヨン。そんな彼女がこのたび、ファンとコミュニケーションが取れる『Bubble(バブル)』をオープンし、ファンを喜ばせた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

IZ*ONE(アイズワン)としてデビューしたイ・チェヨン(以下、チェヨン)が、コミュニティーサイト『Bubble(バブル)』を開設した。

『Bubble』開設を知らせたイ・チェヨン

『Bubble』開設を知らせた元IZ*ONEのイ・チェヨン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

9月6日、DearU Bubble(ディア ユー バブル)側は公式SNSを通して「IZ*ONE(アイズワン)出身のチェヨンと、今『Bubble』で会いましょう」という文章とともに、1枚の写真を掲載。

続けて「Bubble for WMで待っています」と、チェヨンの『Bubble』オープンのニュースを知らせている。

『Bubble』は、アーティストとファンがプライベートメッセージを交わすことができる、ファンダムのソーシャルネットワークサービスだ。

『Bubble』は現在、FNCエンターテインメント、PlayM、JYPエンターテインメント、TOPメディア、Jelly fish(ジェリーフィッシュ)エンターテインメントなど、所属会社別でアプリがリリースされている。

現在、チェヨンと同じ所属事務所、WMエンターテインメントのB1A4(ビーワンエーフォー)やONF(オンエンオフ)が、このアプリを通してファンとコミュニケーションを取っている。それぞれアーティスト別の長期購読を購入すれば、コミュニケーションが可能だ。

このニュースを聞いたネチズン(ネットユーザー)は、「すぐに決済完了“ㅊ(チェヨン)”永遠に一緒に歩み、幸せになろう」「チェヨンが『Bubble』とは‥とても幸せ」「今日もチェヨンヘ(チェヨン+サランヘ/愛してる)」「チェヨンと『Bubble』 最高」など、喜びの反応を見せている。

イ・チェヨンは2018年、Mnetオーディション番組『PRODUCE 48』で、最終順位12位を記録。IZ*ONEとしてデビューした。IZ*ONEは多数のヒット曲を発売し活動を繰り広げたが、2021年4月29日にプロジェクトが公式に終了。グループは解散し、現在イ・チェヨンをはじめとするメンバーは、それぞれの道を歩んでいる。

イ・チェヨンは現在、Mnet女性ダンサーサバイバル番組『STREET WOMAN FIGHTER』に出演中だ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) プロフィール&記事(333)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

IZ*ONE(アイズワン) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース