チェ・シウォンが、ユニセフ韓国委員会特別代表としての役目を無事やり遂げた。

SUPER JUNIORのチェ・シウォンが、ユニセフ韓国委員会特別代表としての役目を無事やり遂げた。

ユニセフ韓国委員会特別代表として活躍しているSUPER JUNIORのチェ・シウォン

ユニセフ韓国委員会特別代表として活躍しているSUPER JUNIORのチェ・シウォン(出典:SMTOWN)

2010年からユニセフのキャンペーンを通じて、着実に才能の寄付活動を続け、2015年ユニセフ韓国委員会特別代表に任命されたチェ・シウォン。8月1日から9日まで、タイ、ブルネイ、マレーシアの3ヵ国で行われているさまざまな活動に参加し、ユニセフ特別代表として活躍している。

特にチェ・シウォンは去る6日、ブルネイで開催された「第5回ASEAN子どもフォーラム(ACF)」開会式に、基調講演者として参加。子どもの人権尊重の為に関心を呼びかけており、「私たちの子どもは、私たちの未来は、私たちのASEAN( Our Children、Our Future、Our ASEAN)」というテーマで、東南アジア10ヶ国の代表団の議論のセッションにも、パネリストとして参加し、意味深い時間を過ごした。

第5回ASEAN子どもフォーラム(ACF)開会式で基調講演をしているチェ・シウォン

第5回ASEAN子どもフォーラム(ACF)開会式で基調講演をしているチェ・シウォン(出典:SMTOWN)

この様子をブルネイ現地有力メディア「Borneo Bulletin」は、1面でチェ・シウォンの参加はもちろん「韓国のスーパースターが子どもの人権に対する関心を持ってほしいと訴えた」という見出しとともに、基調講演の詳細な内容も掲載した。

またブルネイ公営放送のニュースでも報道され、アジア全域に及ぼすチェ・シウォンの影響力を証明した。

海外のメディアに報道されたチェ・シウォン(出典:SMTOWN)

海外のメディアに報道されたチェ・シウォン(出典:SMTOWN)

さらにチェ・シウォンは、ユニセフ・タイ事務所設立70周年を迎え、8月1日から5日まで、タイ・ウボンラーチャターニーとスリン地域を訪問し、知的障害のある子どもたちと交流した。

[korea_sns_button] [reaction_buttons]