第4世代ガールズグループ代表であるSTAYC(ステイシー)は、米グラミードットコムによる「今注目すべき韓国アーティスト5」に名を刻むほど、海外でも注目を浴びている。

ガールズグループSTAYC(ステイシー)が、海外でもその潜在能力で注目を浴びている。

STAY C

今注目すべき韓国アーティスト5に選ばれたSTAYC。(画像出典:Highupエンターテインメント)

米グラミードットコムは5月30日(現地時間)、「今注目すべき韓国アーティスト5:STAYC、ENHYPEN(エンハイフン)、ITZY(イッジ)、TXT(トゥモローバイトゥギャザー)、ATEEZ(エイティーズ)」という長文の記事を掲載。

同メディアは、STAYCの4月に発売されたセカンドシングル『STAYDOM』のタイトル曲『ASAP』のミュージックビデオをともにアップロードし、「大きな可能性を持った新しい6人組ガールズグループである」と述べ、さらには「STAYCはHigh Up エンターテインメントから2020年11月にデビュー」「小さな芸能事務所を代表して、新人ガールズグループのアルバム販売量をリードしている」と高く評価した。

また、STAYCがデビュー前に公開したBTS、BLACKPINK、TWICEのカバー動画についてもコメント。

グラミードットコムは「STAYCのデビュー曲『SO BAD』はアップロードから24時間で260万回再生を記録している。これらは4月に発売されたセカンドシングル『STAYDOM』で、5万枚以上の販売高を記録しており、これは2020年にデビューしたガールズグループの中で初の快挙だ」と述べた。

それとともに、「TWICEの『FANCY』や『TT』のように、多くのヒット曲を作業したブラックアイド・ピルスン指揮のもと、少女たちの気持ちの良い音楽が、業界で頭角を現しているのは驚くべきことではない。彼女たちの打ち出しているティーンフレッシュコンセプトは、夏頃には確実により多くの反響を得てファンを楽しませるだろう」と絶賛する。

STAYCは、第4世代ガールズグループの代表走者に選ばれ、着実に音源チャートで上昇を続けている。セカンドシングル『STAYDOM』の活動は終了したが、タイトル曲『ASAP』はメロン24Hitsで最高11位を記録するなど、依然として冷めない人気を見せている。

(関連動画)STAYC 2ndシングルのタイトル曲 ‘ASAP’ MV解禁

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース