国民の初恋、国民の弟、国民の彼氏など‥韓国ではこういった”国民の○○”という世間から注目を浴び、韓国国民から愛されるスターに冠される別名が存在する。その中でも一番馴染みのある呼び名が”国民の妹”ではないだろうか。

女優ムン・グニョン、パク・ボヨン、キム・ユジョン‥彼女たちに共通する別名が、まさに”国民の妹”だ。

そして韓国一の童顔美女と呼ばれる女優チャン・ナラも、かつて”国民の妹”と呼ばれていた時代があった。

ムン・グニョン

女優 チャン・ナラ(画像出典:チャン・ナラInstagram)

(関連記事)まさにヴァンパイア! 韓国最強の童顔 チャン・ナラ、奇跡の美貌を維持する秘訣とは?

(関連記事)整形では手に入れられない童顔、奇跡の40代 韓国女優 チャン・ナラ

そんなチャン・ナラが、以前出演したKBS2バラエティー番組『ハッピートゥゲザー』で、KBSドラマ『プロデューサー』でIU(アイユー)扮するシンディを見て涙を流したと話し、話題になったことがある。劇中のピョン代表(ナ・ヨンヒ)がラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)に「視聴率のために体重45キロにもならない子に、朝まで何も食べさせずゲームをさせているじゃないの!」と怒りを表すシーンで、20代の時の自分の姿を見たと語ったのだ。

さらにチャン・ナラは「その年では稼げないほどのお金を稼いだ分、嫌われもしたが、もらえない愛ももらった。自分が持っているものより多く受け取った」と言い「本当に申し訳ないのは、そんな風に受け取っていたが、個人的にはとても辛く苦しかったので、よく覚えていない。5日間徹夜したこともあり、自分も知らないうちに車内にあるものを投げ捨てていた」と続けた。

チャン・ナラ

『ハッピートゥゲザー』に出演した際のチャン・ナラ(画像出典: KBS Entertain YouTube動画キャプチャー)

チャン・ナラは、2001年に『ニュー・ノンストップ』で女優デビューしたが、同年にアルバム『First Story』で歌手デビューも果たし、歌手兼女優として彗星のごとく芸能界に現れた。この年の『SBS歌謡大祭典』、『MBC10大歌手歌謡祭』で新人賞を受賞。翌02年、SBS『明朗少女成功記』、MBC『マイラブ・パッチ』、そして彼女の代表曲となる『Sweet Dream』のヒットで”国民の妹”としてお茶の間の人気を集めた。

チャン・ナラ

SBS『明朗少女成功記』出演当時のチャン・ナラ(画像出典:SBS『明朗少女成功記』映像キャプチャー)

(関連動画)チャン・ナラ ‘Sweet Dream’ Music Campステージ

その後、中国に活動の場を広げ『ティアオマン姫』などに出演し、韓流スターとしての地位を確立。30代に入ってからは女優業をメインに、KBS『童顔美女』、KBS『ゆれながら咲く花』などの話題作に出演、台湾ドラマリメイク作品のMBC『運命のように君を愛してる』と『Mr.Back〜人生を二度生きる男〜』(2014)ではMBC演技大賞の最優秀演技賞を受賞、SBS『皇后の品格』(2018)ではSBS演技大賞で最優秀演技賞するなど、ジャンルを問わず成熟した演技を披露している。

一方、『プロデューサー』でシンディを演じたIUも、”国民の妹”の別名が付いた歌手、そして女優だ。

IU

IU(画像出典:IU Instagram)

2008年にミニアルバム『LOST&FOUND』でデビュー。デビュー当初からその歌唱力が話題となり、2010年12月にリリースした3rdミニアルバム『REAL』のタイトル曲『Good Day』が大ヒット、ファンの心を掴んだ。さらに翌11年にリリースした2ndフルアルバム『Last Fantasy』のタイトル曲『YOU&I』でトップアーティストとしての地位を確立する。

IU

The 3rd Mini Album ‘REAL’ cover(画像出典:IU公式FaceBook)

(関連動画)IU ‘Good Day’ MV

IU

The 2nd Mini Album ‘Last Fantasy’ cover(画像出典:IU公式FaceBook)

(関連動画)IU ‘YOU&I’ MV

そんなIUが演技に初挑戦したのは、KBS『ドリームハイ』(2011)だった。その後、KBS『最高だ、イ・スンシン』、KBS『キレイな男』で主演を演じ、『プロデューサー』でシンディ役を手に入れた。

シンディ役を演じたIU

ドラマ『プロデューサー』でシンディ役を演じたIU(画像出典:KBS Drama Classic YouTube動画キャプチャー)

『プロデューサー』では、若手実力派俳優キム・スヒョンをはじめ、ベテラン俳優チャ・テヒョン、コン・ヒョジンとの共演で、歌手出身のIUは演技力に対する不安の声が上がっていた。しかし、キム・スヒョン演じるペク・スンチャンに片思いするシンディの感情をしっかり掴んだ演技で視聴者の共感を呼び、女優としての実力を認められた。現在も女優兼歌手として精力的に活動している。

女優兼歌手として活躍する”国民の妹”チャン・ナラとIU、それぞれのこれからの活躍にも期待したい。