SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョルとTWICE(トゥワイス)のモモを筆頭に、以前よりも増してよく見かける‘日韓カップル’。しかし、恋愛や結婚となると文化の違いで何かとギャップを感じることもあるはず。その中でも今回は韓国の独特な‘太っ腹な扶助文化’に注目してみました。

最近、SNSでも多く見かける‘日韓カップル’。

韓国ドラマでヒロインを守る優しい男性像や、ストレートな愛情表現、俳優さんたちの鍛えられた肉体美などで、韓国人男性に心を奪われたという日本の女性も多くいるのではないでしょうか。

また、韓国人男性から見た日本の女性も‘相手を配慮してくれる優しさがあり、愛嬌があって好感が持てる’と言われており、このようなことから以前にも増して‘日韓カップル’が多く誕生しているように思います。

代表的な日韓カップル、ヒチョルとモモ

代表的な日韓カップル、ヒチョルとモモ(画像出典:キム・ヒチョル Instagram)

中でも代表的なカップルはSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョル(ハングル 김희철)と、TWICE(トゥワイス)のモモ(本名 平井もも)ではないでしょうか。

元々キム・ヒチョルは‘好きな女性のタイプは日本人’と語っており、過去に来日していた際「いつ韓国に帰ってくる?」という母親からのカカオトークのメッセージに「日本の女性と付き合うまで帰らない」と返信したことがあるほど。

めでたく憧れの日本人女性と交際することが出来たヒチョルですが、お相手のモモも、いざ恋愛や結婚となると文化の違いで何かとギャップを感じることもあるはず。

その中でも、今回は韓国の文化の中で独特な‘太っ腹な扶助文化’について紹介したいと思います。

4月18日、キム・ヒチョルが出演しているJTBCバラエティー‘知ってるお兄さん(原題 아는 형님)’で、イ・サンミン(ハングル 이상민)が登場。

番組の中で、イ・サンミンは「キム・ヒチョルから引っ越し祝いで100万ウォン(約10万円)を貰いました」と発言し、各種芸能媒体で大きく取り上げられています。

引っ越し祝いでヒチョルから100万ウォンを貰ったイサンミン

引っ越し祝いでヒチョルから100万ウォンを貰ったイ・サンミン(画像出典:知ってるお兄さん キャプチャー)

この‘引っ越し祝いで100万ウォン’というワードですが、韓国人男性は少々見栄っ張りなところもあり‘男はいいところ見せないと!’という考えもあることから、仲の良い友人のお祝いなどには、このように太っ腹に援助をしたりします。

また、儒教の影響で韓国は親を大事にする文化。

韓国人男性と結婚すると、お正月、秋夕(チュソク)、両親の日、両親の誕生日などに両親へお金を差し上げる文化もあったりします。

それぞれのカップルによって相場は違いますが、知り合いの日韓夫婦は、韓国人の旦那さまの実家に帰省するたびに50万ウォン(約5万円)のお小遣いをご両親に差し上げていると聞きます。

若干負担にはなるものの‘親孝行したいときに親はなし’ということわざの様にならないよう、出来るときに親孝行をしながら、両親に対して愛情を持って接している姿は韓国人の国民性の良いところではないでしょうか。



きっとこのような‘太っ腹な扶助文化’は、長年韓国で芸能活動を続けているモモも知っているはず。

日本が大好きなキム・ヒチョルと、韓国の文化をよく理解しているモモならば、お互いに理解し合い、この先もきっと良い関係を続けて行けるのではないかと期待が膨らみますね。

TWICE (トゥワイス)

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE (トゥワイス) プロフィール&記事(281)