オーディション番組から誕生したグループ IZ*ONE(アイズワン)とX1(エックスワン)の姿が年末のK-POP’お祭り’で見ることができないという。その理由に、彼らを排出した人気オーディション番組「PRODUCE(プロデュース)シリーズ」の関係者が、長年行ってきた順位操作を認めたことが挙げられる..。

人気アイドルグループのIZ*ONE(アイズワン)とX1(エックスワン)が、毎年恒例の地上波テレビのK-POP’お祭り’に参加しないことが分かった。

IZ*ONEとX1は毎年恒例のK-POP'お祭り'に参加しないことが明らかとなった

IZ*ONEとX1は毎年恒例のK-POP’お祭り’に参加しないことが明らかとなった(写真提供:©スポーツ韓国)

12月25日より、SBSの「歌謡大典」を皮切りに27日にはKBS「歌謡大祝祭」、31日にはMBC「歌謡大祭典」と、1年を振り返り大活躍したアーティストらが総集結するK-POP’お祭り’が開かれる。

これらの’お祭り’は、韓国国民だけでなく世界のK-POPファンからも大きな関心と期待が寄せられるため、年々その規模が大きくなる傾向を見せている。

特に事前公開される出演アーティストの名簿は、世界中のSNSで拡散され時には’歓声’と、時には’嘆き’をそそったりする。

今年も地上波テレビのK-POP’お祭り’に出演するK-POPアーティストの名簿が公開されたが、2019年に大活躍した2つのアイドルグループの名前が見えない。

正にIZ*ONEとX1だ。

PRODUCEシリーズの順位操作が発覚

2019年、2つのアイドルグループの活躍は’大活躍’ほどの修飾語では物足りなさを感じてしまう。何故ならIZ*ONEは’HEART*IZ’で25万枚を超える売り上げ高を記録し、X1もデビューアルバムの’飛翔_QUANTUM LEAP’で56万枚を突破し、CD販売不況に陥っていると言われる韓国では異例の人気ぶりを見せてくれたためだ。

年末地上デジタル放送局のK-POP’お祭り’の主役の一人として、多くのファンの前で華麗なるステージを披露しながら年を越すと思われた彼らは何故出演出来ずにいるのだろうか。

周知のとおり、IZ*ONEとX1を排出したMnetの人気オーディション番組「PRODUCE(プロデュース)シリーズ」の関係者が、長年行ってきた順位操作を認めたためだ。

放送局としては不可避な選択という声も

地上波放送局各社もまだ調査中の事案、そしてその渦中にあるアーティストらを出演させることは、相当なリスクが付きまとう。
IZ*ONEとX1の出演を望むファンが多くても、今は自粛すべきと思う視聴者がいる限り容易に出演させることは難しいだろう。

韓国芸能界や放送局の事情に詳しい関係者は、ある韓国マスコミに「チケットパワーや話題性だけを見ると、各放送局も出演させたいチームであることは間違いない。しかし、事件の全貌がまだ明らかになっていないため、出演させる大義名分が立たないのも事実だ。彼らが活動を再開しテレビ番組に出演できる日を迎えるためにも、一刻も早くすべての疑惑が晴れなければならない。」と語り、捜査結果が明らかになり、関係者らへの処分といった’始末’をつけない限り、IZ*ONEとX1の活動再開は当分難しいという見解を示した。

IZ*ONEとX1には過酷な年末..打開策は?

1年の中で、K-POPアイドルが一番多忙を極める時期が年末である。
IZ*ONEとX1も、今年の年末は大勢のファンの祝福を受けながら華麗なるステージに立つことが保証されたかのように思われた。
しかし残念ながら、もっぱら歌手になりたい、韓国でアイドルになりたいという夢だけを負い過酷な練習に励み、見知らぬ国で自分を追い込むなど、青春を犠牲にしたIZ*ONEとX1のメンバーらは誰よりも寂しい年末を迎える羽目になった。

上述した関係者の話のように、今回のPRODUCEシリーズの疑惑が晴れないと彼らの活動再開は難しい。
彼らの花舞台を取り戻すためにも、当事件の母体となったMnet側は捜査に積極的に臨み、早期解決に向かい努力を惜しまないなど’基本的な誠意’を見せるべきだ。

青春を犠牲としたアイドル達のためにも、解散を危惧するファンのためにも、それが’道理の正しい方法’であるから。