デビュー当時から注目を集めているガールズグループIZ*ONE(アイズワン)が、日本で5億円超えのアルバム総売上額を記録。2019年上半期、新人歌手のうち最も高い数値を打ち立てた。

2018年、デビューアルバム「COLOR*IZ」発売と同時に国内外の音源およびレコードチャートを席巻し、新人賞5冠王などグローバルでの人気を証明しているIZ*ONE(アイズワン)。

IZONE アイズワン 日本 韓国

日韓で活発な活動を繰り広げるIZ*ONE(画像出典:IZ*ONE official Twitter)

デビュー当時から話題性と人気を継続してきたIZ*ONEが、2019年日本でデビューした新人のうち最も高い売上額を記録した。

日本オリコンチャートは20日、報道を通じて「IZ*ONEが2019年上半期の総売上額5億1000万円を記録した」とし「これは2019年に日本デビューした新人歌手のうち最も高い数値だ」と伝えた。

オリコンチャートはこの数値と関連し、2018年12月10日から2019年6月9日までの集計期間を設定した。

またオリコンチャート側は「IZ*ONEは日本で活動していた宮脇咲良(みやわき さくら)、矢吹奈子(やぶき なこ)、本田仁美(ほんだ ひとみ)などが所属した12人組ガールグループであり、2018年10月に韓国で正式デビューしたのち、韓国と日本で人気を呼んでいる」と付け加えて紹介した。

宮脇咲良 矢吹奈子 本田仁美

総売上額5億円超え!! 驚異的な人気を誇るIZ*ONE!!(画像出典:IZ*ONE official Twitter)

IZ*ONEは2月6日にリリースした日本デビューシングル「好きと言わせたい」で発売初週に22万2000枚のアルバム販売量を記録し、オリコン ウィークリー アルバム チャート1位となったことがある。

また、今年4月に発売した韓国2ndミニアルバム「HEART*IZ」も日本での発売直後4位を記録。

「HEART*IZ」は、韓国でも総販売量20万枚を越え、歴代ガールズグループのデビューアルバムの初動販売量で最多記録を更新した。(韓国ガオンチャート基準)

今月26日には、日本で2ndシングル「Buenos Aires(ブエノスアイレス)」をリリースするIZ*ONE。

日本 シングル BuenosAires ブエノスアイレス

日本2ndシングル「Buenos Aires(ブエノスアイレス)」(画像出典:IZ*ONE official Twitter)

本日(6月21日)にテレ朝「ミュージックステーション」に出演し、今後日本でのコンサートツアーも開催するなど、活発的な活動を繰り広げているIZ*ONEが、更なるアルバム販売記録を打ち立てることが出来るのか期待がかかる。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加