韓国をはじめ日本でも絶大な人気を博した韓国時代劇『太陽を抱く月』。放送を終えて8年が経ったいま、劇中で呼吸を合わせた子役が成長を遂げた姿を披露し話題を集めている。

俳優兼歌手であるイム・シワンは9日、自身のインスタグラムに「久しぶりに会ったユジョン」というコメントと共に一枚の写真を掲載した。

イムシワンとキムユジョン

イム・シワンとキム・ユジョンのツーショットに大きな反響が寄せられた(画像出典:イム・シワン公式Instagram)

写真には明るい笑顔でカメラの前に立ったイム・シワンとキム・ユジョンの姿が納まっており、それぞれスーツとドレスを身にまとい”美男美女”の面々を披露している。

2人は2012年に放送されたMBCドラマ『太陽を抱く月』でホ・ヨムとホ・ヨヌの幼少時代を演じ、兄妹役で呼吸を合わせたことがある。

ドラマ『太陽を抱く月』イムシワン

ドラマ『太陽を抱く月』に出演当時のイム・シワン(右から二番目)(画像出典:MBC公式サイト)

ドラマ『太陽を抱く月』キムユジョン

ドラマ『太陽を抱く月』で可愛さが炸裂したキム・ユジョン(画像出典:MBC公式サイト)

あれから8年経ったいま、立派に成長し俳優としての実力を備え、第一線で活躍している彼らが再会した姿にはファンも感動したようだ。

キャリアを重ねた実力派俳優として活躍する彼らの現在だが、イム・シワンは映画『ボストン1947』でスクリーンに登場し、 キム・ユジョンはSBSドラマ『コンビニのセッピョル』でチ・チャンウクと呼吸を合わせる予定だ。

一方、国内外で人気を博したファンタジー・ロマンス史劇『太陽を抱く月』で主演を務めた俳優らも、現在の韓国演劇界を盛り上げている。

王子、イ・フォン役に扮したキム・スヒョンは、tvN土日ドラマ『サイコだけど大丈夫』で主演としてドラマ復帰を果たし、その恋敵役である陽明君(ヤンミョングン)役のチョン・イルはJTBCドラマ『夜食男女』にキャスティングされ、KARA(カラ)出身の知英(ジヨン)と呼吸を合わせている。

また、この二人が想いを寄せるホ・ヨヌ/ウォルを演じた女優、ハン・ガインは現在二児の母となり、愛する我が子の育児に専念中とのことだ。

イム・シワンとキム・ユジョンの再会写真により、名作ドラマでの主演陣の熱演が思い出されたファンも多いことだろう。
懐かしさを感じさせた二人の今後の活躍にも注目だ。