EXID(ハングル 이엑스아이디)のメンバーが、所属事務所であるバナナカルチャーエンターテインメントとの契約終了の日が近づき、メンバーたちの今後に注目が集まっている。※2019年6月 EXID 最新情報を本文下段に追記補足

昨年11月21日に、完全体でのカムバックを果たしたEXID(ハングル 이엑스아이디)。
そんなEXIDのメンバーたちと彼女たちの所属事務所であるバナナカルチャーエンターテインメントとの契約の終了が近づいていることが明らかとなった。

大きな決断の時が近づくEXID...

大きな決断の時が近づくEXID…(出典:Twitter画像)

2014年に発売された「UP&DOWN」がチャートを逆走するほどの大ヒットを果たして以降、セクシーな魅力で多くの人気を集めていたEXID。
その後も彼女たちはEXIDならではの魅力と中毒性のある音楽で多くの人々を魅了していった。
しかし、2016年の末にリーダーのソルジがバセドウ病の治療のため活動を休止することに。

そんなソルジが活動を休止していたおよそ2年の間も彼女たちは、立ち止まることなく、活動を続けながらファンと共にソルジの復帰を待っていた。
そして、2018年遂に「I love you」で活動休止中であったソルジを含む完全体でのカムバックを果たした彼女たち。
今後、再び完全体での活動の再開が期待されている中のこの契約終了間近の知らせはファンたちにとって大きな衝撃となった。

その後、ファンの混乱の中公式にコメントを発表したバナナカルチャーエンターテインメント。
バナナカルチャーエンターテインメントのコメントによると、今後EXIDのメンバーたちは再契約について1月末または2月中に個別に議論をする予定であるとのこと。
また、契約が終了する5月までに決まっている日本ツアー、フルアルバムの発売等のスケジュールはこなしていく予定であるということも明らかにした。

このことを受けEXIDのファンたちからは「遂にこの時が….」「ソルジが復帰したばかりなのに解散になったら悲しすぎる」「もっとEXIDを見ていたいTT」等という彼女たちの解散の可能性を危惧し、悲しむ声が多くみられることとなった。

気になる彼女たちの決断の行方。
そんな中、一部ではいくつかの事務所が契約終了が迫っているメンバーたちに接触をしたとの話も流れているようだ。

補足(2019年6月4日追記)

ハニ(本名 アン・ヒヨン / ハングル 안희연)とジョンファ(本名 パク・ジョンファ / ハングル 박정화)は所属事務所と再契約を行わず、5月15日にはミニアルバム「WE」で転換期前最後となるカムバックを果たした。

ミニアルバム「WE」のショーケースでLEは「最後のアルバムではありません」と語り、EXIDが今後どのような活動をしていくのか注目が集まっている。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加