ガールズグループAFTERSCHOOL(アフタースクール)でデビューしてすぐに、人気を独り占めしたユイ。歌手活動後は女優として活動しているが、様々な悪質なコメントで悩んでいたという。最近セミヌードグラビアの撮影を行ったユイだが、その理由には当時の“悩み”が関連していたようだ。

2009年、ガールズグループAFTERSCHOOL(アフタースクール)のメンバーとして本格的に歌手活動を始めたユイ。

AFTERSCHOOLのメンバーとして活動しながらも、並行してドラマ『善徳女王』『美男<イケメン>ですね』『烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち』などに出演して女優活動も行っていたが、2017年6月に契約満了でグループ卒業を電撃発表。

AFTERSCHOOL出身のユイ

AFTERSCHOOL出身のユイ(画像出典:ユイ Instagram)

昨年には、KBSドラマ『たった一人の私の味方』に出演。該当のドラマは、27年ぶりに現われた父と娘の愛、そして若者たちのラブストーリーと家族愛を描いた感動溢れるヒューマンドラマで、韓国では最高視聴率49.4%(ニールセンコリア)を記録して人気を集めた。


(PR)10名様にプレゼント!BTSとSTONEHENgEのコラボレーションジュエリー「MOMENT OF LIGHT」日本発売記念スペシャルイベント!

このように、女優として順風満帆な日々を送っているユイは、最近ファッション雑誌『シングルス』を通じてセミヌード グラビアを公開した。

なぜ、ユイはセミヌードを撮ったのだろうか。

6月24日に放送されたSBS『本格芸能真夜中』で、その理由が公開された。

セミヌード グラビアを公開したユイ

セミヌード グラビアを公開したユイ(画像出典:ユイ Instagram)

雑誌の編集者は「ユイさんから先に撮影の提案を頂きました。彼女は今まで大衆から外見に対して多くの話を聞いてきました」とし「痩せたら痩せすぎ、太れば太りすぎだと非難のコメントを多く受けてきた彼女は、そういうことを意識せずに元気な本人そのものの姿を表現してみたいとおっしゃいました」と明らかにした。

続けて「以前の元気な姿を取り戻していく過程が目標でした。撮影に合わせて、ユイさんは4ヶ月間熱心に準備したといいます。敏感な作業のため、本人が一番緊張するものですが、かえって撮影現場の雰囲気を明るくさせてくれました。撮影は2時間もかかりませんでした」と伝えた。

最後に「撮影が終わり、サムギョプサル専門店で打ち上げをしましたが、ユイさんが本当に美味しそうにお肉を食べていた姿を思い出します」と付け加えた。この言葉から、撮影の緊張感から開放されて、美味しいサムギョプサルを食べながら肩の力が抜けたユイの姿が想像できる。

ユイの健康的なボディーは女性の憧れの的

ユイの健康的なボディーは女性の憧れの的(画像出典:ユイ Instagram)

AFTERSCHOOLでの活動当時、健康的な美脚で“蜜太もも(꿀벅지:クルボクジ)”という流行語を作り出したユイは、女性たちの憧れの的だった。

だが、ユイは最近ある番組に出演した際に「過去、悪質なコメントによるストレスが多かった」とし「ドラマに出演した時は、役のために食べずに痩せたのですが、拒食症という話が出るほどでした」と打ち明けたことがある。

『シングルス』では、悪質なコメントで悩んでいた不安げな様子を微塵も感じさせない明るい表情で、くびれた腰のラインが引き立つ健康美あふれる弾力性のあるボディーを披露。

ダイエットやボディーメイクを通じて、引き締まった体に仕上げたユイ。彼女の努力とストイックな姿勢から、韓国芸能人たちの美への追求心とプレッシャーは相当なものだと感じられる。