BIGBANG、WINNER、iKONに続く4番目の新たなボーイズグループを選抜する、YGエンターテインメントのサバイバルプログラム「YG宝石箱」が2018年11月16日から10部作で放送される!!


YG宝石箱
出典:YGエンターテインメント

BIGBANG


BIGBANG
出典:YGエンターテインメント

WINNER


WINNER
出典:Instagram

iKON


iKON
出典:Instagram

この大人気グループ3組に続く新たなボーイズグループが生まれる…!!

ヤン・ヒョンソク代表はYGの公式ブログで、「『YG宝石箱』では、これまで公開されたことのないYG男子練習生たちを一人も余すことなく公開する。放送を通して視聴者たちの評価と選択をモニタリングした後、選抜基準に適応する予定だ。」

「YGエンターテインメントの男子練習生29人を競争させ、来年のデビューを目標とする新しいボーイズグループメンバーを選抜する。選抜メンバーは5人を想定しているがまだ確定した人数ではない。」とYG宝石箱についてQ&A形式で明かした。

選抜基準については、「選抜基準はBLCKPINKと同じだ。実力はもちろん外見と外的魅力を同時に持つスター性のある人材を中心に選抜しようと思う。」


ヤン・ヒョンソク代表
出典:YGエンターテインメント

ヤン・ヒョンソクは韓国の実業家、音楽プロデューサー。音楽事務所YGエンターテインメントの創業者。1992年ソテジワアイドゥルとしてデビュー。1996年の解散後、実業家に転身。

出典:Wikipedia

「YG宝石箱」プログラム名の由来

「YG宝石箱」というプログラムの名前は、ファンが作ったネガティブな意味をあらわす単語だった…!?

具体的に説明すると、「YG宝石箱」とは…

1.飛び抜けた実力を持つ練習生たちがYGに入るとなかなかデビューすることができず、長い間練習生生活を送ることを表した単語で、YGという宝石箱に閉じ込められデビューすることができないという意味で、ファンの不満から取り上げられた単語。

2.YG所属のアーティストたちが一度活動を終了すると宝石箱の中の宝石のようになかなかでてこない(カムバックさせない)YGエンターテインメントを皮肉ったもの。

このようなネガティブな意味を持つ用語をプログラムの名前にしたことからみても、ヤン・ヒョンソク代表がYG宝石箱にかける期待が相当だということがわかる…。

YG宝石箱はA、B、C、そしてJの4つのグループで構成されていて、Jグループにはなんと日本人が所属しているとか!!

ということで今回は、Jグループに属している日本人練習生たちを紹介しちゃいます♪

Jグループ以外のメンバーについてはこちらで確認してみてください♪

「YG宝石箱」日本人メンバー

「YG宝石箱」に出演する日本人メンバーは、 KEITA、HARUTO、YOSHINORI、ASAHI、MAHIRO、MASHIHO、KOTAROの全部で7人!!

公開されたJグループは全員日本人で、YG JAPANに所属する練習生だ。また、作曲作詞の能力を持っている実力派であり、果たしてこの中から誰がデビュー組に合流するか、今から関心が高まっている。

出典:danmee.jp

「YG宝石箱」#1 KEITA


KEITA
出典:YGエンターテインメント Twitter

名前:KEITA(ケイタ)
生年月日:2001年07月04日
チャームポイント:可愛いお尻

☆作詞作曲可能

自身を3つの単語で表現すると…?

#幸せな #ときめき #可愛いお尻


KEITA
出典:Youtube

とても前向きな性格だと話すケイタは、YG宝石箱が初めてのサバイバル挑戦だそう。
チャームポイントは「可愛いお尻」とユーモラスな一面も見せつつ、サバイバルでは絶対に負けたくない、前向きパワーを見せることができるアーティストになりたいと強い意志を語った。

パフォーマンス映像では、パク・ジェボム、Simon Dominic、Loco、GRAYの「뒤집어버려(Upside Down)」に合わせ、自分だけのラップとボーカル実力を披露し、インタビュー映像とは違う男らしい表情とともに自然な韓国語実力でいろいろな部分で高い完成度を見せた。


#1 KEITA ティーザー映像

「YG宝石箱」#2 HARUTO


HARUTO
出典:YGエンターテインメント Twitter

名前:HARUTO(ハルト)
生年月日:2004年04月05日
チャームポイント:長い脚、目

☆ポッピンダンスとビートボックス

自身を3つの単語で表現すると…?

#イケメン #末っ子ラッパー #フィジカル


HARUTO
出典:Youtube

ビジュアルはグループAの#3 チェ・ヒョンソク兄さんがかっこいいが、「僕がもっとかっこいいです」と恥ずかしそうに微笑みながらビジュアルの自信を見せたハルト。
20歳になる前にデビューしたい、最近人気なスタイルのかっこいいラッパーになりたいと語った。
パフォーマンス映像では、Rich Brianの「History」を自身のスタイルに再解釈し、ずば抜けたラップ実力と流暢なフローを自慢した。


#2 HARUTO ティーザー映像