キム・ドンワンが7年ぶりにドラマ復帰する。

歌手兼俳優のキム・ドンワンが、KBS2TVドラマ「会社に行きたくない」で、7年ぶりにドラマ復帰する。

キム・ドンワン

キム・ドンワン(写真提供:スポーツ韓国)

来る4月9日に放送予定のKBS2TVドラマ「会社に行きたくない」は、会社員の現実を描き出すオフィスドラマで、キム・ドンワン、ハン・スヨン、ソ・ジュヨン、キム・グァンスがキャスティングを確定した。

去る2月19日に汝矣島KBSで台本リーディングが行われ、その時の写真も公開された。

「会社に行きたくない」は、昨年モキュメンタリー(※)形式の6部作のパイロット番組として放送され、会社員が会社で苦しむ不条理などを解きほぐして好評を得たことがある。今回のドラマでは、新たな人物が追加され、より多くの会社員の物語を展開する予定だ。

このドラマでキム・ドンワンは、超高速昇進の伝説を描くハンダスオフィスのスター カン・ベクホ役を演じる。カン・ベクホは、世界で最も嫌いな虫は“大虫(大体)”で、夜勤が趣味で休日出勤はレジャーと考えている、ワーカホリックキャラクターだ。

キム・ドンワンはこの作品を通じて、2013年に放送されたKBSドラマ「頑張れ、ミスター・キム!」以来、7年ぶりにドラマ復帰することになる。

制作陣は「ドラマ『会社に行きたくない』は、まさに私たち、この時代の平凡な会社員の話だ。苦しい現実を愉快に解放しながら、疲れた日常の慰めになるクールで清涼感が感じられるオフィスドラマを見せたい」とし「会社には様々な年齢、職種の人々がいる。葛藤をなくすことはできない構造で、会社員が懸命に乗り越えていくいいヒントを得てほしい」と伝えた。

※モキュメンタリー…架空の状況が実際のように見えるようにするドキュメンタリー形式のジャンル

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)