サバイバルプログラム「YG宝石箱」に出演する最後の練習生が公開された。

「YG宝石箱」の最後のトレジャー(練習生)が公開された。

「YG宝石箱」Jグループ

「YG宝石箱」Jグループ(出典:V LIVE)

YGは8日、「YG宝石箱」Jグループに所属するKEITA、HARUTO、YOSHINORI、ASAHI、MAHIRO、MASHIHO、KOTAROの7人のトレジャーを公開した。

KEITA

KEITA(出典:YGエンターテインメント)

HARUTO

HARUTO(出典:YGエンターテインメント)

YOSHINORI

YOSHINORI(出典:YGエンターテインメント)

ASAHI

ASAHI(出典:YGエンターテインメント)

MAHIRO

MAHIRO(出典:YGエンターテインメント)

MASHIHO

MASHIHO(出典:YGエンターテインメント)

KOTARO

KOTARO(出典:YGエンターテインメント)

今回公開されたJグループは全員日本人で、YG JAPANに所属する練習生だ。また、作曲作詞の能力を持っている実力派であり、果たしてこの中から誰がデビュー組に合流するか、今から関心が高まっている。

KEITAは作詞作曲が可能で、HARUTOはポッピンダンスとビートボックスに長けている。YOSHINORIは作詞作曲、ビートボックスが得意で、普段「音楽と一緒に暮らそう」をモットーにして歌手になる準備をしてきた。

ASAHIはサッカーのスキルが格別でリフティングが1000回出来るという異色の記録を持ち、普段は作曲が趣味だ。MAHIROは「人生一度きり」という気持ちで韓国で歌手としてデビューすることにすべてをかけて、ベストを尽くすという覚悟を明かした。

MASHIHOはドラムが趣味で、アクロバティックとダンスが得意。「他人に喜びを与えることは、自分自身にも最高の喜びになる」という考えをもち、人々に喜びを与える歌手になるのが目標だという。相手を溶かすような愛嬌がチャームポイントだというKOTAROは、「どんなことでも全力で」という覚悟で、今回のサバイバルにも臨む。

これまで「YG宝石箱」は、5日にAグループ、6日にBグループ、7日にCグループを公開したのに続き、最後のJグループまで公開。今後の彼らの挑戦と友情、成長期に大きな期待が寄せられている。

「YG宝石箱」は、キャスティングからオーディション、トレーニングシステム、月末評価、アイドル制作プロデュースまで、YGならではの差別化された新人育成記を通じて、2019年に誕生するアーティストを誕生させる、サバイバルプログラムだ。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)