カン・ダニエルが悪質なコメントの投稿者を告訴した。

歌手カン・ダニエルが、悪質コメントの投稿者を侮辱罪で告訴した。

カン・ダニエル

カン・ダニエル(出典:Twitter)

カン・ダニエルの所属事務所LMエンターテインメント(以下、LM)は14日、カン・ダニエルのファンカフェに「不正な投稿者関連の進捗状況についての中間報告をする」と、関連の立場を明らかにした。

LM側は「カン・ダニエルは告訴人と関連し、韓国のインターネット新聞記事のコメント、国内ポータルサイトスレッドとNAVER、あるいはDaumのカフェスレッドなどを確認し、悪意のある内容文を投稿した者たちを相手に、ソウル中央地方検察庁に刑事侮辱罪で告訴した」と明らかにした。

続いて「その後カン・ダニエルは、江南警察署に直接出席して告訴人として参考人調査を受け、この過程で被疑者が投稿した各種悪質コメントの内容をすべて再度確認。告訴人がその中の被疑者の悪質な書き込み投稿行為により、精神的苦痛などを吐露した」と付け加えた。

また「現在の事件を捜査している警察は、被疑者の身元を把握するために、これらのサイトに令状を請求することを明らかにし、被疑者の身元が把握され次第、召喚する予定」とした。

最後に「告訴人は、長期間オンライン上の悪質コメントのために精神的な苦痛を経験してきただけに、被疑者の身元把握後も最後まで強硬な対応をする」と、今後の対策についても言及した。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (26)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)