2011年にアイドルグループU-KISS(ユーキス)に加入し、俳優としても活動しているフン。

U-KISSメンバー フン

U-KISSメンバー フン(出典:Twitter)

去年2017年には日本でソロデビューを果たしており、今後の日本での活動も期待されますよね!

そんなフンが自身のTwitterとインスタグラムである事件について語り、現在ネットでは驚きの声が上がっています。

フン、事件の被害者は「僕の家族」

そのフンが語った事件というのが、韓国の全羅南道木浦市のソへ小学校で起こった暴行事件。
この事件でこちらの小学校に通っていた5年生の児童の一人が同級生の児童から殴られ、脳死状態に陥り意識不明となっているそうです。

その被害に遭った児童というのがフンの従弟であるとのこと。
従弟がこのような状況に陥ったことに対し、フンはある文章をTwitterとインスタグラムに画像として掲載しました。

その文章の画像がこちら。

フンがSNSにアップした文章

フンがSNSにアップした文章(出典:Twitter)

こちらの文章には
「全羅道の小学校でフンの家族が暴行を受け、脳死状態となり、現在意識不明となっていること。」
「もしその子が意識を取り戻したとしても精神年齢が3~4歳くらいになってしまうこと」
「そういった深刻な状況であるにも関わらず、加害児童の両親は集中治療室の前で笑いながら騒いでいるということ」
「小学校側は生徒の不安を煽らないために、と言い措置を取ろうせず、子供の同士の間で起きた出来事だからという理由で円滑な調査も行われていないこと」
「被害家族に対する慰労も行われていないこと」
を表す文が綴られていました。

今回の事件に対し、「とても腹立たしいと同時に、悔しく悲しい」と綴ったフン。
そして文章の最後では現在意識不明となっている彼の家族の子供の意識が早く戻ることを祈りました。

その後、被害児童がフンの家族であることを認めると同時に、フンと被害児童の関係が従弟同士であることを明かしたフンの所属事務所であるNH EMG側。
事務所によると、SNSで怒りと悲しみ、そして悔しさを現したフンは現在この事件を受け憔悴状態にあるとのこと。

そんな中で今回の事件の詳細は次第に鮮明になってきているようです。

事件の詳細

韓国の警察、消防の発表によるとこの事件が起きたのは10月23日の午前9時頃の事。
学校から救急要請を受け救急隊が駆けつけた時にはすでに意識を失って倒れていた被害児童。
その後、心肺蘇生を受け、病院の集中治療室で治療を受けるも、児童はまだ意識を回復していないとのこと。

そして、ネット上では被害児童の家族がより詳しい情報を公開。

フンの従弟である被害児童は同学年である隣のクラスの児童に殴られ、教師が駆けつけた時には既に心停止している状態であったそうです。
また、被害児童の意識が回復する可能性は低く、家族は憔悴しているとのこと。

それにも関わらず、集中治療室の前での加害児童の両親が笑いながら話していることにフンと同じく怒りを露わにしている書き込みを残した家族。
その書き込みでその家族の方はこの事件の目撃者、証拠となる写真や動画を持つ人物を募り、助けを求めているそうです。

現在ネット上ではこの書き込みとフンのSNSの文章が拡散されているとのこと。
またフンと同じU-KISSのメンバー、イライもフンの文章を英訳した文章を自身のインスタグラムに載せ、今回の事件に対する自身の心境を綴り、それと同時にフンの従弟の意識の回復を祈りました。