プロデューサーとの暴行被害で注目を集めたバンドThe EastLight.(ザ・イーストライト)のメンバーが、暴行被害について記者会見を開き、直接語る。

The EastLight. メンバー

The EastLight. メンバー(出典:Twitter)

The EastLight.のメンバー側の法律代理人は18日、公式立場として「来る19日午前11時、光化門近くで記者会見を開く」と明らかにし、「The EastLight.のメンバーが出席し、暴行被害の事実を証言し、証拠も提出する」と伝えた。

続いて「The EastLight.メンバーの一部が、所属事務所のメディアラインエンターテインメントのプロデューサーA氏から日常的に暴行を受け、キム・チャンファン会長(総括プロデューサー)は、これを黙認、ほう助しただけでなく、自らも何人かのメンバーに暴言と暴行をしたという疑惑と関連し、記者会見を開くことになった」と説明した。

前所属事務所のメディアラインエンターテインメントは、The EastLight.のメンバーたちの暴行被害と関連して「1年4ヶ月前からThe EastLight.担当プロデューサーがメンバーたちを、指導及び教育する過程で暴行が発生した事実を、初めて認知した。親との話を通じて、円満に解決し、再発防止を約束した」と、暴行があったことを認めた。また「その後暴行はなかったが、一部メンバーと感情の溝が深まり、過ぎた日が再び浮上し、今の状況を迎えている」と述べている。

The EastLight.のメンバーたちが、記者会見を通じてどのような立場明らかにするか、注目されている。

一方The EastLight.は、2016年にデビューした6人組ボーイズバンド。2017年には、第25回大韓民国文化芸能大賞K-POP新人賞を受賞した、注目のバンドだ。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (3)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)