SHINee(シャイニー)のオンユが、自身の個性が詰まったソロデビュー曲「BLUE」を発表した。

SHINee オンユ

SHINee オンユ(出典:Twitter)

オンユは12月5日午後6時、初のソロミニアルバム「VOICE」を公開。デビュー10年にしてリリースする初のソロアルバムであり、入隊を4日後に控え、長い空白期間を残念がるファンに贈るプレゼントのようなアルバムだ。

オンユ 「VOICE」トラックリスト

オンユ「VOICE」トラックリスト(出典:Twitter)

タイトル曲「BLUE」は、ピアノのテンションプレイが印象的な、オールドポップジャズのR&B曲でRocoberryが作曲編曲を、Kenzieが作詞に参加した。落ち着いた雰囲気の穏やかな伴奏と、ミュージカルモノローグのように淡々とした優しい歌い方が引き立つ歌だ。

BLUEは「青い」という色彩の意味と、「憂鬱な」という感情の意味を同時に持った言葉。歌では孤独な感情を青い海に例えている。

今回のアルバムでは、オンユが直接作詞に参加した歌も収録された。長く付き合った恋人への後悔と懐かしさを込めたアコースティックバラード「사랑이었을까 (Illusion)」、穏やかな秋の日の青春を感じる「온유하게 해요 (Shine On You)」の2曲だ。

一方、1989年生まれで今年30歳になったオンユは、来る10日に陸軍への現役入隊を控えている。本人の意思に基づき、場所や時間は公開せず、静かに入隊する予定だ。


オンユ「BLUE」M/V
この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)