12月5日に日本で放送されたFNS歌謡祭に出演したIZ*ONE(アイズワン)。

FNS歌謡祭に出演したIZ*ONE

FNS歌謡祭に出演したIZ*ONE(出典:Twitter)

Twitterのトレンドランキングには登場前からIZ*ONEの名前がランクインし、関心度の高さを伺わせた。

IZ*ONEがFNS歌謡祭への出演が確定したころから、ファンたちの間では彼女たちがどの曲を披露するのかが話題となっていたとのこと。
そんなファンたちの中では日本語の曲「好きになっちゃうだろう」を披露するのではないか、という推測も多く出ていた。

しかしIZ*ONEは放送日当日、自身達のデビュー曲である「La Vie en Rose」を韓国語で披露。
これにはIZ*ONEのファンのみならず、番組を見守っていた多くのK-POPファンが驚き、Twitterなどでは感動の声が見られた。
それと同時に「他のK-POPグループも今後日本の番組で韓国語の曲をもっと披露出来るようになれば…!」との希望を抱く声もいくつか見ることが出来た。

またファン達はFNS歌謡祭の放送中に行われた緊急告知にも驚かされることに。

その告知というのが12月12日に放送される「FNS歌謡祭第2夜」にAKB48、乃木坂46、欅坂46、そしてIZ*ONEの4グループから24人のメンバーで作られるスペシャルユニットが登場する、というもの。

ファン達を驚かせた緊急告知!

ファン達を驚かせた緊急告知!(出典:Twitter)

現在「FNSスペシャルユニット」と言われているそのユニットは秋元康がFNS歌謡祭の為に書き下ろした平成最後のアイドルソングを披露するとのこと。
この予想外の告知には多くの人の関心と期待が集まったことが予想される。

放送終了後には公式TwitterにてFNS歌謡祭への出演を応援してくれた日韓のファンに向けてお礼のツイートを写真付きで発信したIZ*ONE。