現在、IZ*ONEとして活動中のHKT48に所属する宮脇咲良と矢吹奈子。

左:矢吹奈子、右;宮脇咲良(出典:Instagram)

そんな二人が12月15日に行われる「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!」に出演することがHKT48公式ホームページにて発表された。

宮脇咲良、矢吹奈子出演決定のお知らせ(出典:HKT48公式ホームページ)

活動開始から8年目に突入したHKT48。
今回のコンサートは活動8年目に入って以降時初めて行われるものとなりHKT48にとっても彼女たちのファンにとっても特別なコンサートとなる。
そんな記念すべきコンサートにHKT48の活動を中断していた宮脇咲良と矢吹奈子の二人も参加するとの知らせには大勢のHKT48のファンたちから喜びの声が上がった。

しかし、その一方でIZ*ONEのファンたちからは不満の声が上がることに。
IZ*ONEとして活動するにあたり2021年の4月まではI*ONEの活動に専念するため、48グループの活動を中断することを発表していたIZ*ONEの日本人メンバー三人。
IZ*ONEのファン達はこういった取り決めをしているにも関わらず、宮脇咲良と矢吹奈子がHKT48のコンサートに出るのはルールに反しているのではないかという疑問を抱いたようだ。

次第に不満の声は大きくなり、HKT48運営の今回の取り決めに反対するIZ*ONEのファンたちが、ある行動に出た。
なんと、宮脇咲良と矢吹奈子のコンサートへの出演を取りやめることを求める声明文を出したのだ。

これに対し、今回の宮脇咲良、矢吹奈子のHKT48のコンサートの出演に関する説明文を出したIZ*ONEの運営サイド。
その説明文には「今回のHKT48のコンサートに宮脇咲良、矢吹奈子は“IZ*ONEのメンバー”としていくつかのステージに参加する」といったこと。
また、「このことはIZ*ONEとHKT48の兼任活動を意味するものではない」といったことが記されていた。
説明文の終盤にはファンに対して心配をかけたことを謝罪し、今回の事態への理解を促したIZ*ONEの運営サイド。

しかし、I*ZONEのファンの一部からまだ納得がいかないとの声も上がっている様子を見せており、事態が収束するまでは、しばらく時間がかかるとみられる。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (6)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)