先日、NU’EST Wの日本イベントの中止を求めるファン達から多くのポストイット等の張り紙がされたPLEDISエンターテインメント。
そんなファンたちの動きもあってか、PLEDISエンターテインメント(以下:PLEDIS)はNU’EST Wの日本イベントの中止を主催会社に要請し、結果的にそのイベントは中止となってしまいました…。

しかし、PLEDISの試練はこれで終わりません。
なんとPLEDISの建物は再び多くのポストイットだらけになってしまったそうです!!

再びポストイットと貼り紙だらけとなってしまったPLEDIS事務所(出典:Twitter)

なぜまたもやこんな事態に陥ってしまったのでしょうか…。

そこで今回はPLEDISが再びポストイットまみれになってしまった理由について迫ってみたいと思います。

ポストイット抗議を行ったのはPRISTINのファンたち..

PLEDISが再びポストイットに包まれることとなったのは12月7日の事。
前回からあまり日経っていないにも関わらず再びこのような事態となっている事務所を見た職員の方々はさぞ驚いたのではないかと思います。

今回PLEDISに対し、抗議を行ったのはPLEDIS所属のガールズグループ、PRISTINのファンたち!
PRISTINといえばI.O.I出身のナヨンやギョルギョンが所属することでも有名なグループですよね。

そんな彼女たちはデビューアルバムである「HI!PRISTIN」は一週間でおよそ1万2千枚もを売り上げ、3つの歌謡祭で新人賞を獲得するなど今後が期待されるスタートを切っていました。

PRISTINの記念すべきデビューアルバム(出典:Twitter)

しかし、2017年に2度目のカムバックを果たした後にメンバーであるカイラが健康上の理由のため活動を休止。

現在活動休止中のカイラ…(出典:Twitter)

それ以降、PRISTINは2018年にPRISTIN Vという5人ユニットでの活動は行ったものの、完全体での活動は一年以上行われていない状況となっています。

PRISTINのユニットPRISTIN V!(出典:Twitter)

それだけに止まらず公式ファンコミュニティ、SNSの更新やV LIVEの配信などもほとんどなくなってしまっているPRISTIN。

PLEDISとPRISTINファンの攻防は「持久戦」様相?

こういった状況に以前から事務所に対しPRISTINのファンたちは、彼女たちの活動の要請等を行うも、事務所が大きな対処に乗り出すことはなくファンたちは悶々とした思いを抱えていたようです。

そんな中、NU’EST Wのファンたちの要請は受け入れる形をとったPLEDISに対し一部のPRISTINのファンの堪忍袋の緒が切れることに。
その結果、PLEDISは再びあのような状況に陥ることとなったようです…。