5人組ボーイズグループKNK(クナクン)が、所属事務所YNBエンターテインメントとの専属契約を解約した。

所属事務所と専属契約を解約したKNK(クナクン)(出典:KNK Official)

YNBエンターテインメント関係者は「KNKと専属契約を終了した。メンバーのキム・ユジンもグループを脱退することになった」とし「メンバーたちはグループを継続していく計画だ」と明らかにした。

関係者は「YNBが経営上の問題で困難に陥ったことが原因」とし「キム・ユジンは健康上の理由でグループを脱退することにし、残るメンバーは活動を継続する意志が固い。新たな所属事務所を探しているところ」と伝えた。

脱退が発表されたキム・ユジン

脱退が発表されたキム・ユジン(出典:Instagram)

KNKは、2016年3月にデビューして以来、「KNOCK」「BACK AGAIN」「U」など、多くの楽曲を発表。デビュー当時は、有望株アイドルとして注目を集め、日本をはじめとしたアジアツアーも成功するなど、ファンも着実に増えていた。

KNKは最近まで、メンバーのパク・スンジュン、ジョン・インソン、キム・ジフンがJTBC「ミックスナイン」に出演し、それぞれのシングルアルバムも発売して活動を続けていた。

▼KNKデビュー曲「KNOCK」M/V▼

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)