歌手ク・ハラの代理人法務法人世宗(セゾン)が、公式立場を明らかにした。

ク・ハラ

ク・ハラ(出典:Youtube)

4日同社は、公式報道資料を通じて「本法務法人はク・ハラ(以下、依頼人)の代理人として申し上げる。依頼者は、9月27日前恋人A氏を性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反、脅迫や強要の疑いで告訴した」と述べた。

続いて「A氏の犯罪容疑について、迅速かつ徹底した捜査が行われることを願って」と付け加えた。

一方、ソウル・江南警察署は9月13日午前0時30分ごろ、江南のマンションでク・ハラが当時ボーイフレンドだったA氏を暴行したという通報を受けたと述べた。A氏は「ク・ハラに別れ話をしたところ、激怒して殴った」と主張した。

その後、二人の主張は真っ向から対立。ク・ハラはお互いに攻撃し、A氏が自宅に侵入してきたと主張。これに対しA氏はク・ハラによる一方的な暴行であり、家宅侵入は絶対違うと主張した。

A氏は9月17日午後9時頃、ソウル・江南警察署に出頭して告訴人として調査を受けた。調査に先立ちA氏は「ク・ハラの産婦人科診断書の内容は、事実ではない」と主張。この日A氏は約4時間の警察の調査を受けた。A氏に続き、ク・ハラも調査を受け、それぞれに警察に事実を語った。

これらの中で4日午前、ある媒体は、ク・ハラが元恋人A氏に30秒の性行為動画で脅迫に遭い、ク・ハラがA氏にひざまずいて懇願しているという防犯カメラの映像なども証拠として公開した。

元恋人A氏にひざまずいて懇願していると思われるク・ハラ

元恋人A氏にひざまずいて懇願していると思われるク・ハラ(出典:Youtube)

しかし、このことがA氏のリベンジポルノではないかという指摘が巻き起こっている。

▼ク・ハラの事件に関して報道する韓国ニュース▼

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (1)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)