売春で罰金刑の歌手ジナが、SNSに近況を伝えた。

歌手 ジナがSNSに近況を伝えた。

K-POPセクシーアイコンとして人気だったジナ

K-POPセクシーアイコンとして人気だったジナ(出典:NYLON)

去る14日、ジナはSNSに「祝福されており、皆に感謝している。あなたたちはまた私を笑わせるのだ」というコメントとともに、花束を抱えている自分の写真を掲載した。

14日SNSに掲載されたジナの写真

14日SNSに掲載されたジナの写真(出典:Instagram)

ジナは、2015年一般人と性関係を持ち、その見返りで多額の金銭を受け取ったとし、2016年に売春の疑いで起訴され有罪判決を言い渡された。
しかし、有罪判決にも関わらず、自分が犯した一連の行動を誰か悪意を持って流した「噂」だと主張、芸能界復帰をほのめかすようなコメントをし、人々の怒りを買った。

これを受け、韓国のネチズンは「厚かましいね。芸能人が本業じゃないだろう?自分の本業に戻りなさい!」「自分の体だから好き勝手にしてもいいけど、テレビやネットで顔見たくないな..」「恥知らずだから芸能人になれる! 凄いメンタルですな!」と冷ややかな反応を見せている。

一方「芸能界で売春はジナだけじゃないでしょう。ジナは運が悪かっただけ」「デビュー前にホストをやっていた男性芸能人も多い、売春なんか芸能界で大したことない!」と、芸能界全体を批判する声も多数寄せられている。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)