人気グループiKON(アイコン)が2日、約半年ぶりに新しいミニアルバムを発表した。アルバム「NEW KIDS:CONTINUE」には、タイトル曲「KILLING ME」とサブタイトル曲「FREEDOM」のほか「ONLY YOU」「COCKTAIL」「JUST FOR YOU」の全5曲が収録された。

約半年ぶりに新しいミニアルバムを発表したiKON

約半年ぶりに新しいミニアルバムを発表したiKON(出典:YG LIFE)

iKON(アイコン)はこの日、ソウル・汝矣島コンラッドホテルで記者たちの前で、これまでの近況とアルバムの様々な話を伝えた。

記者たちの前で新アルバムと近況について語るiKON

記者たちの前で新アルバムと近況について語るiKON(出典:YGエンターテインメント)

iKON(アイコン)が所属するYGエンターテインメントでは、1アーティストが1年に2枚以上のアルバムをリリースすることは、夢のまた夢とされている。
このことに関連し、リーダーのB.Iは今年2枚のアルバムをリリースできたことについて「不断の努力のおかげ」と答えた。
「YGで準備することなくひたすら待つ数年があって、(アルバムの発売が)滞った」とし「アーティストたちが足で走って努力して成果を出さなければ、またアルバムが出るシステムと継続してよい音楽を作るために努力した」と語った。

今回のミニアルバムリリースには、前作のヒットも理由のひとつとなっている。
今年1月にリリースした2ndアルバムタイトル曲「愛をした(사랑을 했다)」は上半期の音源チャートで43日間1位を独占する大ヒットを記録した。

特にこの曲が小学生の間で“テチャン”(一緒に歌うこと)として流行して、“チョトンリョン(小学生たちの大統領)”という修飾語までついた。
B.Iは「子どもたちが登山をしているときに僕たちの歌をテチャンしている映像を見て、初めて人気を実感した」と言うほどだ。

社会現象になった小学生たちの「愛をした/사랑을 했다」テチャン

社会現象になった小学生たちの「愛をした/사랑을 했다」テチャン(出典:YTNニュース)

小学生の間で人気を博している理由を語るニュースキャスター

小学生の間で人気を博している理由を語るニュースキャスター(出典:YTNニュース)

なお、今回のアルバムタイトル曲「KILLING ME(죽겠다/死にそうだ)」は、強烈なビートのダンス曲で、別れの痛みを経験する男性の話を歌っている。

一方、iKON(アイコン)は来る18日、ソウルオリンピック公園体操競技場で「iKON 2018 CONTINUE TOUR」の幕を開け、その後海外ツアーを通じて世界のファンに会いに行く予定だ。

▼愛をした(사랑을 했다)小学生のテチャン▼

▼新曲 KILLING ME▼

▼愛をした(사랑을 했다)▼

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)