YouTubeで今年最も人気を集めた韓国国内のミュージックビデオは、iKON(アイコン)の「사랑을 했다(恋をした)」だった。

iKON

iKON(出典:YGエンターテインメント)

YouTubeは6日、今年を熱くした映像を総まとめし、「2018 YouTube REWINDリスト」を発表した。これは、今年YouTubeに公開された動画の中で、11月までのヒットと視聴時間、共有、コメント、いいねなどを総合的に評価したリストだ。

中毒的なメロディーとリズムで、今年「子どもたちの国民歌謡」と評されたiKONの「사랑을 했다/恋をした」は、韓国国内YouTubeのユーザーが楽しんで見たミュージックビデオ1位にあがった。ビルボードが選定した「今年のトップアーティスト8位」にチャートインし、全世界で人気を得ているBTS(防弾少年団)の4thフルアルバムタイトル曲「FAKE LOVE」とリパッケージアルバムタイトル曲「IDOL」は、それぞれ5位と9位にあがり、韓国国内での人気も再確認した。

2018 YouTube 最高人気公式ミュージックビデオTOP10

2018 YouTube 最高人気公式ミュージックビデオTOP10(出典:YouTube)

続くランキングは、すべてガールズグループ。歴代K-POPガールズグループの中で、公開24時間の最多ヒットを記録したBLACK PINKの「뚜두뚜두(DDU-DU DDU-DU)」が2位、TWICEは4位に「What is Love?」と7位に「Dance The Night Away」をチャートインさせた。またMOMOLAND(3位)とRedVelbet(6位)、MAMAMOO(10位)が名を連ね、特に赤い思春期の「여행(旅)」は、アイドルグループの間で堂々の8位にチャートインした。


iKON「사랑을 했다(愛をした)」M/V
この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (1)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)