HIGHLIGHT(ハイライト)の脱退を発表したヨン・ジュンヒョンが自身のインスタグラムを更新。

本日14日、違法動画を見た事実を認め、自身が所属していたグループHIGHLIGHT(ハイライト)の脱退を発表したヨン・ジュンヒョンが自身のインスタグラムを更新した。

SNSに謝罪と心境を綴ったヨン・ジュンヒョン

SNSに謝罪と心境を綴ったヨン・ジュンヒョン(出典:INSTAGRAM)

同日午前10時に、真っ黒な画像と共に長文を投稿したヨン・ジュンヒョン。

ヨンジュンヒョンのINSTAGRAMの投稿

ヨンジュンヒョンのINSTAGRAMの投稿(出典:INSTAGRAM)

「こんにちは、ヨン・ジュンヒョンです。」という書き出しで始まった当文章内でヨン・ジュンヒョンは最初に「この数日間私のために辛い時間を過ごしたメンバー達と全てのファンの皆さんに心から謝罪いたします」というメンバーとファンに対する謝罪の意思を伝えた。
続けて、ヨン・ジュンヒョンは歌手 チョン・ジュニョンの盗撮容疑が発覚するきっかけとなったSBSの8時のニュースが放送された直後に、会社から電話で事実関係を確認された際、論点を良く理解しないまま「自身がグループチャットには参加していなかった」という内容だけを伝えたことを綴った。
そしてその結果、所属事務所が自身の側に立って“報道内容が合っていない”と伝えたが、当発表は自身が間違えて伝えた内容であったということを明らかにした。

更に文中でチョン・ジュニョンから動画を貰ったことがあり、動画に関する不適切な話をしたということも続けて明らかにしたヨン・ジュンヒョン。
当行為について“あまりにも不道徳であり、自身が愚かであった”と綴ったヨン・ジュンヒョンは続けて“当行為が犯罪とは思えず安易に考えており、制止できなかったことも自身の過ちである”とし反省の色を見せた。

また、昨日13日に参考人調査を受けたことも明らかにしたヨン・ジュンヒョンは、調査内で自身が知っていることについて嘘偽りなく話し、調査に協力したこと、これまで一度も盗撮及び流布といった犯罪行為は行っていないということを主張。
しかし、その後の文中では「自身がこうした事実を知りながらもあまりにも簡単に安易に考え行動し、これまでそのような自身の行動によって、多くの被害者が生じるかもしれない深刻な問題について黙認した傍観者でした」と語った。

文の最後では再びメンバーとファンに対する謝罪を綴った後、“HIGHLIGHT”を脱退することをファン達に伝えたヨン・ジュンヒョン。
そんな彼の文章は「深く反省して生きていきます。もう一度心からお詫び申し上げます。」という深い謝罪の言葉で締めくくられることとなった。

ネットでは今回のヨン・ジュンヒョンの告白と謝罪文に対し「最初は否定して名誉毀損とまでいっていたのに」「BIGBANGにチョン・ジュニョンにHIGHLIGHTまで…」「ブルブル震えている芸能人は多い気がする」等といった声が見られることとなった。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)