f(x)のアンバーが、北米初のソロファンミーティングツアーを成功裏に終えた。

f(x)のアンバー

f(x)のアンバー(出典:Twitter)

アンバーは12月5日、シカゴを皮切りに、ワシントンDC、トロント、ニューヨーク、ダラス、ロサンゼルス、サンフランシスコの北米7都市で初のソロファンミーティングツアー「gone rogue」を行い、アンバー特有のヒーリングエネルギーを堪能できる公演で、現地のファンを魅了した。

アンバー初のソロファンミーティングツアー模様

アンバー初のソロファンミーティングツアー模様(出典:Twitter)

今回のツアーのラストを飾ったサンフランシスコ公演は、14日(現地時間)に開かれ、アンバーは「SHAKE THAT BRASS」「Beautiful」などの初ミニアルバム収録曲はもちろん、「White Noise」「Lost At Sea」「Countdown」など今年デジタルシングルとしてリリースした自作曲のパフォーマンス、マライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」など、年末を迎え準備したスペシャルステージまで、全16曲を披露した。ファンは個性あふれる音楽とパワフルなパフォーマンスに、熱い反応を見せたという。

また、アメリカ「ビルボード」は、12日(現地時間)ホームページを通じてアンバーの公演を特集し「アンバーは最小限の構成でも全席を埋め尽くしたファンに、パフォーマンスをプレゼント。アンバーの正直で淡々としながらも、心からのパフォーマンスは、観客の深い共感を引き出した」と伝えた。

一方アンバーはf(x)としての活動はもちろん、ソロ歌手としても自作曲をリリースするなど、シンガーソングライターの一面も見せている。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)