世界中に多くのファンを持つBTS(防弾少年団)!
そんなBTSは世界中のファンに会いに行くため、よく空港に姿を現しますよね。

そこで気になるのは彼らのファッション!
彼らが身に着けている衣服やアクセサリーはやはりグローバルアイドルなだけあり、高級ブランド品も多いです。
(流石、世界のBTSです…!)

そんなBTSの中にはブランド品ではない特別な服を身に着けているメンバーもいるようです。
そのメンバーの正体はBTSのファショニスタ, テテことV!!

BTSのファショニスタ, テテことV!!

BTSのファショニスタ, テテことV!!(出典:Twitter)

なんと、Vは既製品の服に自らリメイクを施したオリジナルの服を作成しているとのこと。
そこで今回はそんな自ら服のリメイクを行うVについて迫ってみたいと思います!

バンタンのファショニスタ V..チョキチョキする

デビュー当初から服のリメイクをよく行っていたV。
服の袖や襟の部分をハサミでざっくりと大胆に切り、Vなりのアレンジが加えられた服には当時もファンたちから多くの注目が寄せられていました。

果敢に チョキチョキするのがV流ファッション

果敢にチョキチョキするのがV流ファッション(出典:Twitter)

いたずらじゃない!Vオリジナルファッション制作中

いたずらじゃない!Vオリジナルファッション制作中(出典:Twitter)

そんなある日、BTSメンバーが全員で出演したラジオ番組にてJ-HOPEからVにとある質問が寄せられることに。
それは「いつまで服を切るつもりなの?」というものでした。

ね、ちょっと聞きたいけどいつまでハサミ入れるつもり?(出典:Youtube)

Vが服をリメイクすることが気になっていたのは、ファンだけではなくメンバーも同じだったようですね!

このJ-HOPE時の質問に対してVは「高い服でこのような(自身が切ったような)デザインのものがあるけど、高いのは買えないから…」と答えました。
そのラジオに出演した際も自分でリメイクした服を着ていたVに対し、DJであったSUPER JUNIORのリョウクは「舞台の服なのかと思った。かっこいいね」と称賛。

実は買えないから自分でやっているんです..

実は買えないから自分でやっているんです..(出典:Youtube)

このリョウクからの言葉にVは歓喜し、RMは「リョウク先輩がかっこいいとおっしゃったから何も言えなくなった…」と言い当時笑いを誘いました。

やった!! 自分のハサミファッションが認められた!

やった!! 自分のハサミファッションが認められた!(出典:Youtube)

Vがリメイクを始めたきっかけはこういったところにあったのですね!
買えないから諦める、ではなく、買えないのなら自分で作ってしまおう!という考えに至るところが非常にVらしいです。

バンタンのファショニスタ V..ペイントを活用

そんなVの最近のリメイクでの表現方法はデビュー当初に主流であったハサミを使ってカットする、といったものから少し変化があった様子。
このことについて、明確となったのは2018年10月5日にVが行ったV LIVE内。

その配信内にてVは自身がリメイクした服を紹介することとなりました。
その服というのがこちら。

お待たせしました!

お待たせしました! (出典:V LIVE)

V曰くヴィンテージショップで35,000ウォン(約3,500円)で購入したジャケットに白、赤、黄色、青を少しずつ混ぜて緑になるように作ったというこの服。

ブランド品ではなく、ビンテージショップで..

ブランド品ではなく、ビンテージショップで..(出典:V LIVE)

35,000ウォンで買った服です!

35,000ウォンで買った服です!(出典: V LIVE)

この言葉から察するに、最近のVの服のリメイクの表現の幅はカットからペイントにまで広がったようですね!

しかし、この服には難点が一つあったと語った彼。