12月1日にソウルで行われた「Melon Music Award」。
その場にはBTS(防弾少年団)やTWICE(トゥワイス)を初めとする多くの人気K-POPスターたちが集まり、ファンたちの間で話題となりましたよね!

しかし、今現在ネット上では「Melon Music Award」で生じたある問題が話題となり、多くの批判の声を集めているようです。

多くのK-POPスター達が素敵なパフォーマンスを披露していた場で一体何が起こっていたのでしょうか?!
そこで今回は現在批判の的となっているMelon Music Award内で起こったとある問題について迫ってみたいと思います。

MMAで起こった特別待遇問題とは

今回生じた問題というのは“芸能人の親族に対して特別待遇が行われていた”というもの。

その特別待遇が行われていたという芸能人はクォン・サンウの妻として知られる女優、ソン・テヨン。

騒動の渦中の人物、ソン・テヨン(出典:Instagram)

彼女は授賞者として今回のMelon Music Awardに参加していたとのこと。

MMAにて授賞を行うソン・テヨン(出典:YouTube)

そんな彼女の息子と姪が本来K-POPスターたちが座るアーティスト席で授賞式の一部を観覧していたことが発覚し、今回の騒動の火種となった様です…。

この問題に対しネットでは、「歌手たちがどれほど苦労してその席に座っているのかを考えての行動だったの?」「いくらなんでもこれは無礼なのでは…」「ファンが羨ましいから怒っているだなんて思わないでほしい」等という批判の声が相次ぐこととなりました。

この多くの批判を受け、ソン・テヨン側はこの事態の釈明のコメントを出すことに。
そのコメントによると、子供たちがアーティスト席に座ることとなったのは「母が授賞を行う場面が見たい」という子供の申し出を受け主催者側がその席に案内したからであるとのこと。更に、子供たちを授賞式の場に連れてきた経緯については授賞式の開催時間が夜であったことと、控室では子供たちを見ていてくれる人がおらず置いていくことが出来ない状況であったことを説明しました。

また、子供たちがアーティスト席に移動したのはソン・テヨンが賞を受け取るため子供たちから離れた後であったそう。
それに加え、子供たちはソン・テヨンの授賞場面だけを見てその席を後にしたのだ、ということも説明したうえで、「歌手と誤解を与えてしまったファンたちに申し訳ない」と謝罪を残しました。

このソン・テヨン側からの釈明と謝罪により、沈静化するかに思われたこの事態。
しかしその後、沈静化はおろか更なる問題が発覚したことにより、この事態はK-POPファンたちの怒りと共に大きくなることとなりました。

釈明コメントは嘘だった?

そのK-POPファンたちの怒りを呼んだ問題というのが、ソン・テヨン側が出した釈明コメントと事実に食い違いがあったというもの。
食い違いがあった部分というのが「子供たちはソン・テヨンの授賞場面だけを見てアーティスト席を後にした」という部分…。