カン・ダニエルとBIGBANG(ビッグバン)のV.I(スンリ)の関係を、弁護人がTV番組で説明した。

グループWanna One(ワナワン)出身のカン・ダニエルの弁護人が、世間で噂されている「カン・ダニエルがBIGBANG(ビッグバン)のV.I(スンリ)と関連している」という疑惑について否認した。

グループWanna One(ワナワン)出身のカン・ダニエル

グループWanna One(ワナワン)出身のカン・ダニエル(写真提供:スポーツ韓国)

11日に放送されたMBC『セクションTV芸能通信』では、所属事務所との論議に包まれたカン・ダニエルに対して扱った。

カン・ダニエルは最近、所属事務所LMエンターテインメントに専属契約解約の内容証明を送った事実が知らされた。

特に今回BIGBANGのV.Iが関連しているという疑惑が提起され論議はより一層強まった。

カン・ダニエルとV.I(スンリ)と親しい関係ではとの疑問に弁護人が説明した。

カン・ダニエルとV.I(スンリ)と親しい関係ではとの疑問に弁護人が説明した。
(イメージ出典:セクションTV芸能通信)

カン・ダニエルとV.I(スンリ)と親しい関係ではとの疑問に弁護人が説明した。

カン・ダニエルとV.I(スンリ)と親しい関係ではとの疑問に弁護人が説明した。
(イメージ出典:セクションTV芸能通信)

これと関連してカン・ダニエルの弁護人は、製作スタッフとのインタビューで「事実無根」と一蹴し「(カン・ダニエルは)個別でV.Iさんに会ったりクラブ行ったことは無い。現在デマの内容を確認しており、整理され次第必要な措置をとるようにします」と語った。

視聴者たちは各種SNSとポータルサイトを通じて「カン・ダニエルを応援しよう」「ダニエルだけを信じる」「真実は必ず明らかになる。デマを流した人は処罰を受けるべき!」等の反応を示した。

一方カン・ダニエルは、Mnet『プロデュース101 シーズン2』に出演し、最終審査で1位を獲得しWanna Oneのセンターとして華やかにデビューした。

最近Wanna Oneの活動を終え、現所属事務所に復帰してソロデビューの準備をしていると伝えられ期待を集めている。

しかし今月3日、所属事務所LMエンターテインメントに専属契約解約の内容証明を送った事実が知らされたが、所属事務所の関係者は「会社とアーティスト間の誤解から生じた部分」とし「専属契約解約に対する内容証明ではない」と明らかにした。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)